2018/02/01 15:00 シミズさん

アコギ

Good-bye Days(YUI)

ピックの持ち方を変えました。今後は今日の持ち方で上体を起こし、大きく腕を振って弾く様にしてください。曲に関してはBm7とC#m7の進行を中心に練習しましょう。指板をなるべく見ずにコードを押さえられる様になりましょう。

四反田

2018/01/17 14:00 シミズさん

アコギ

Good-bye Days(YUI)

引き続き基本ストロークのパターンを体に馴染ませましょう。イントロからAメロのコード進行をまずはスムーズに押さえられるように繰り返し練習をしてください。

四反田

2018/01/08 15:00 シミズさん

アコギ

Good-bye Days(YUI)

基本ストロークのパターンを体に馴染ませましょう。練習方法は右手を止めずに左手を追いつかせるのが大事です。楽譜ではストロークパターンが変わっていますが、今回練習したパターンでまずは通していけるとこまで練習しましょう。次回までBm7のバレーコードを中心に練習してください。

四反田

2016/06/09 19:00 ヨシダ(ユ)さん

アコギ

good by days (YUI)

リズムはだいぶ良くなっています。トレーニングの成果が確実に出ているので、この調子で頑張りましょう。キメのフレーズで苦戦していたので、A/C#はAに変更しました。その分リズムをしっかりキメていきましょう。ギター一本なので曲の盛り上がりや抑えるポイントなどを意識して、展開を聴かせるようにしてください。緊張はやはり場慣れが大事です。オープンマイクやできるならバンドの中での演奏など、経験を積んでいきましょう。緊張を無くすのではなく、「練習に緊張感を取り入れる」「緊張はしていてもパフォーマンスに影響しない」の二つを意識しておくといいと思います。

日高

2016/05/06 20:00 ヨシダ(ユ)さん

アコギ

トゥルーラブ (藤井フミヤ) good by days (YUI)

トゥルーラブは2番のコードがやや難しいです。B♭6(♯11)などはまだ理屈がわからないと思うので、ひとまず丸覚えしましょう。続くA7に向かって半音で動いていることを意識するといいです。ラストに2拍3連に似た部分がありますが、こちらは前2つの音符が長いので弾き分けに注意です。good by daysはイントロを弾いてみました。頭のF♯m7(11)は綺麗に響くコードなので覚えましょう。ハンマリングはリラックスしたほうが鳴ります。続くAadd9/Eは6弦を離しただけです。どちらも大きな4分のノリを崩さないように16分で弾きましょう。低音弦を狙ったピッキングで表現をコントロールすることも大事です。

日高

2015/10/15 10:00 タガワさん

アコギ

あなたと握手 (aiko)  good by days (YUI)

グッバイデイズはコードは問題ないようです。曲の流れをしっかり覚えましょう。同じコード進行が繰り返される部分などは、丸暗記だとかえって分かり難いので、「この2小節を3回繰り返したら次に進むコードが出てくる」という感じで考えてください。あなたと握手はとにかくコードが色々でてきます。まずはE♭やCmの位置を確実に覚えましょう。Cm、Bm7、B♭の流れはBm7をローコードにすることも可能ですが、Cmからセーハのまま下ってきたほうが良いでしょう。

日高

2015/08/31 13:00 ナガタニさん

ソロギター  アコギ

ルパンのテーマ  サマーソング(YUI) ワルツフォーデビー

ルパンのテーマはメトロノームに合わせていきました。スローであってもキレが大事です。しっかりリズムに合うように練習しましょう。サマーソングは合格です。あとはDのラインを手癖にしておくといいでしょう。新しいワルツフォーデビーは難しいアレンジではありませんが、onコードの複雑な形が幾つか出てきます。軽く説明しましたが、次回はしっかりコードから動きを考えられるようにしていきましょう。

日高

2015/08/06 14:00 ナガタニさん

ソロギター アコギ

ルパン3世のテーマ  サマーソング(YUI) コード理論

ルパンはリズムに乗って弾けるように、難しいコードでスローになってしまわないように練習していきます。曲を通しで練習してしまうとどうしても甘くなってしまうので、難しいところの着地点までを遅れなくなるまで練習して下さい。サマーソングはストロークのキレを上げましょう。ダウンアップは意図したものでない限り逆転しないようにしてください。どのパターンも足は表拍をタップします。Dコードでのフレーズは親指を使ったほうがノリがでるので、親指で練習しましょう。コード理論についてはほぼおさらいになりましたが、毎回考えることで自然と出てくるところまで練習してください。今回は9th、6thまで考えてみました。しっかり理解できればどのようなコードもわかる(あるいは作れる)ようになります。

日高

2015/07/11 14:00 ナガタニさん

ソロギター  アコギ

ルパン3世のテーマ  サマーソング (YUI)

ルパンのテーマでは、7thコードの共通点をもう一度おさらいしました。2弦の音が1度か2度か、2弦を押さえるか押さえないか、1弦まで鳴らすかどうか、という部分で押さえ方が変わりますが、基本のセブンスの形は共通なので覚えておきましょう。サマーソングは1番難関であるDadd9でのハンマリングやスライドを使ったスキッピングフレーズを練習しました。基本的には2フレットをハンマリングし、2弦、3弦の指はスライドしているだけです。左手の形を崩さないように練習しましょう。ピックのみでも弾けますが、ピック+指で弾く練習をしておくと良いです。ゆっくりの練習で正確に弾けるようになれば、速いスピードにも十分対応できると思います。

日高

2015/03/17 18:00 ヤノさん

アコギ

good by days (YUI)  恋しくて (BIGIN)

16分の難しいストロークでしたが、きちんと弾けるようになりました。あとは力を抜いて、音量を落とす事を覚えていきましょう。同じストロークでも曲の場面に合わせて音量、音色、高低、アクセントなどをコントロールできると理想です。新しい曲は力を抜いてルーズなシャッフルを弾きましょう。曲からイメージするものが音に出せるように。

日高