2019/01/21 17:00 ムラノさん

アコギ

◎フィンガリング ◎ストロークver1.1、ver1.2
◎「マリーゴールド」あいみょん

ストローク練習のときは右手首に角度がつかず、綺麗に振れています。マリーゴールドになった途端に角度がつくので注意しましょう。おそらくタカタンのところを意識しすぎて角度がついているのだと思われます。手首の動きだけに頼るとアップがうまく当たらず粒がそろわないので、できるだけまっすぐ、かつ少し大きく腕を振るように意識してください。ピックのスタート位置を手首で決めるのではなく、腕で決めるイメージです。
左手の親指はネックに「フック」しないように。基本的に添えるだけにしましょう☆

野口

2019/01/18 21:00 クボさん

アコギ

◎フィンガリング ◎ストロークver1.1、1.2
◎「Don’t stop me now 」Queen

サビ直前のキメを集中的に練習しました。練習方法としては「パワーコードでやってみる」「横移動させずにその場でON・OFFやってみる」「左手だけ」「右手だけ」等、いくつか考えられます。判断が難しいところですが、自分がどこまでだったらできているのか、どこからできなくなるのか、を把握することが大事です。ゆっくり確実に弾く練習と、少しだけ背伸びしてテンポアップさせる練習も必要です。
感覚を落とさないために、少しでもいいので毎日ギターに触ってあげてください☆

野口

2019/01/12 18:00 クボさん

アコギ

◎フィンガリング ◎ストロークver1.1、1.2
◎「Don’t stop me now 」Queen

キメのところは左手の使い方がカギです。まずは、できるだけ脱力しましょう。弦を上から押さえるのではなく、「ブラッシング状態からおしこむだけ」です。親指もできるだけ離さないように。横移動の練習はしばらくパワーコード(二本)でやってください。人差し指のみを見て動かしましょう。慣れてきたら小指も足して、最終的にコードにしてください。小指を入れた途端に動きが悪くなるので、薬指と小指がセットのイメージでやると良いでしょう。レッスン中になんとなく感触はつかめたと思います☆

野口

2019/01/12 17:00 ムラノさん

アコギ

◎ストロークver1.1、ver1.2
◎「マリーゴールド」あいみょん

構え方についてですが、左手に力を入れすぎるとだんだんネックが手前にきてバランスが崩れます。右足・胸(わきばら?)・右手の3点で支えて左手はあくまで補助的に支えましょう。
右手がいいかんじにリラックスできていました。疲れているとのことですが(笑)実は核心を突いています。脱力のイメージができないときは腕を疲れさせて弾くのが一番です。練習するときはシンプルに。右手は右手だけで一旦練習してから左手を合わせていくようにしましょう☆

野口

2019/01/12 16:00 タカキ(親子)さん

アコギ

◎フィンガリング ◎リズムカウント1(♩=68)
◎コード練習 ◎ストロークver1 ◎音名

>みうちゃん
ストロークは右手の動かしかたをもう少し意識しましょう。浮かせると疲れてしまうのでヒジのちょい先がギターのボディにこすれるくらいで弾くと良いです。
一つ一つのコードは上手に鳴らせています。ストロークでもスムーズに弾けるようにしましょう。
練習するときは左手と右手とバラバラにやると良いです。なれてきたら左右で合わせましょう。
指の間のストレッチをできれば毎日やってください☆

野口

2018/12/28 19:00 クボさん

アコギ

◎フィンガリング ◎ストロークver1.1、1.2
◎「Don’t stop me now 」Queen

ストロークは小節ギリギリまで音を引っ張れるようにしましょう。ただし、緩いテンポに限り、です。テンポが速くなると実用的ではないのでブラッシングでごまかしたりしたほうが良いです。
「don’t~」キメのGm・F・Cのところはかなり良くなりました。Gm・Am・B♭・B・Cのほうはなかなか難しいですね。横移動の際に指を全部離しているのでロスが多くなります。完全に離すのではなく「弦には触れている状態」で横移動させましょう。つまりブラッシング状態です。浮かせるときも指を離そうとするのではなく、弦が戻ろうとする力に委ねるようなイメージです。親指が反りやすいようので、押し込みすぎないように注意してください。
右手を入れずに、左手だけでタッチの感覚をつかむ練習をしましょう☆

野口

2018/12/22 17:00 ムラノさん

アコギ

◎フィンガリング ◎ストロークver1.1、ver1.2
◎「マリーゴールド」あいみょん

右手の力をもう少し抜きましょう。親指を軸に回転運動させているようなので、人差し指を軸にしてください。親指で弾くイメージではなく、人差し指で弾くイメージです。人差し指でスクラッチをこするようなイメージで弾くとアップもうまくピッキングできるでしょう。
ピックの持ち方も修整しましょう。あまり深く持つ(ピックの出ている面積が狭い)と弦に当たったときの抵抗が強くなります。3分の1~半分くらい出すかんじで、柔らかく持つと弾きやすくなります。人差し指の第一~第二関節あたりの側面ではなく、先端の側面で持つようにするとコントロールしやすくなります☆

野口