2016/03/31 17:00 ナガタニさん

ソロギター

ルージュの伝言 (魔女の宅急便)

ブラッシングと弦を叩くようにして出すミュートとのコンビネーションでリズムを出していきます。ベースを単音で弾く部分では叩きつけるミュート、パワーコード的な部分ではブラッシングを使ってみましょう。絶対にそうしなければならない、という訳ではないですが、微妙な音の違いがノリを生み出します。部分的にコードを親指アップで弾く事もありますが、これもノリを大事に弾きましょう。

日高

2016/03/31 15:00 タナカ(ミ)さん

スパニッシュ

インスピレーション (ジプシーキングス)

ストロークのノリを意識した練習とメロディ部分の練習をしました。コードは追えるようになったので、右手がリズムをしっかり出しながら弾くように練習しましょう。ストロークにも強弱やキレを意識してください。メロディは拍を意識しながらゆっくり練習します。3拍目16分音符の4つめから入るフレーズなど、難しいものが多いですが、今日は上手く弾けたと思います。全体に譜面通りに弾こうとする気持ちが強すぎて逆に難しく、合わない演奏になってしまっています。大きなノリはフレーズの勘所をしっかり耳で押さえられるようにしましょう。

日高

2016/03/31 09:00 ワタナベさん

アコギ

歩いて帰ろう (斉藤和義)

ハネたリズムをしっかり出していきましょう。音源に合わせて練習する時は、音が出るタイミング、止めるタイミング、ハネ具合いなどがぴったり揃う事を目指してください。2番でリズムが変わるところはローコードだと上手く音を切る事が難しいのでセーハのコードに変更しました。5弦、6弦どちらからのコードなのか、それぞれどういう変化をするとマイナーコードやセブンスコードになるのかを覚えてしまいましょう。次回詳しく説明します。

日高

2016/03/30 20:00 コウダさん

ソロギター

オーラ・リー

まずはドレミとコードのルート練習からしていきました。ドレミは順番に弾いても意外に覚えないものなので、ランダムで弾いたり、知っている曲を弾いたりして慣れましょう。コードのルートはまずは3フレットまで6〜4弦の音は自然に出るようにします。なかなかすぐに出てくるようにはならないですが、時間をとって少しずつやってみてください。後半は曲の中のコードを説明しました。AmとA7のようなコードは仲間なので、一つの形の変化したものとして覚えましょう。

日高

2016/03/30 19:00 ニシ(ヤ)さん

アコギ

酒バラ

ジャズで使われる様なコードの練習をしていきました。最初Cm7を6弦8フレットで弾き始めましたが、そこにはあまりこだわらず、5弦3フレットでも6弦8フレットでもどちらでも使えるようになりましょう。自由に行き来できるようにするのが一番です。D7はローコードC7と同じ形のものを使いました。今までやってきた形とはトップノートが違うだけです。(今までのトップは3rd、新しい形はroot)よく使うので覚えておいてください。5、6弦の音名はあと少しです。高いポジションも自然に出てくるように頑張りましょう。

日高

2016/03/30 14:00 ヤノさん

アコギ

我が美しき故郷 (畠山美由紀)

コード進行はシンプルなので、少しづつ新しい事を取り入れながらアレンジをしました。イントロは1弦を使ってトップを動かします。D7ではあえて横移動することで3弦開放が生きてきます。きわどい音ですが、綺麗だと思えるなら使ってみましょう。最初は基本1弦を弾かずにいきます。G7も7thの音は4弦で出しましょう。D7のところでD7(9)を使いました。この形はよく出てくるので覚えておきましょう。ここで1弦を使う事で、今までの部分と差が出てしっかりと9thの音も際立ちます。

日高

2016/03/30 11:00 ミヤワキさん

エレキ

insomnia (HIATUS)

onコードでルートを移動させるアルペジオを中心に練習しました。音名がしっかり覚えられているので、フレーズ自体はスムーズに弾けています。ピッキングも慣れてきたので、この感じでスピードと正確さをあげていきましょう。先に進んでいきましたが、基本同じ様な動きが続きます。ただし、イントロと少し違うので、違いを確認しながら進めてください。

日高