2016/12/21 19:00 モモサキさん

エレキ

アドリブ

2コードなどバッキングを録音して、アドリブの練習ができます。まずはペンタを覚えましょう。テクニックの前に、目が慣れていることが大切です。時々目を閉じて練習するのも良いです。EとAのキーで練習しましょう。ペンタに2音足してメジャースケールにする時は、1、2
弦限定で足しましょう。

太田黒

2016/12/20 20:00 ゴトウダさん

エレキ

シシーストラット アドリブ ペンタフレーズ

ペンタのフレーズをコピーしていきました。ポジションを覚えただけではなかなか上手くアドリブすることができません。上手い人のプレーを弾いてみて、小さいフレーズを覚えましょう。今日やったフレーズは難しいものが多いですが、技術的に弾けないものではないです。16分音符一つ分食って入る、16分音符と8分のタイ、3連など、リズムに気を付けて演奏しましょう。いつも言っていますが、譜面が読める事よりフレーズを歌えることがより重要です。特に♭5の音程と使い方に注意して下さい。

日高

2016/12/20 16:00 コガさん

アコギ

タイムマシンにお願い (サディスティックミカバンド)

簡単なコード進行なので、幾つか弾き方を変化させてオカズのフレーズも入れました。まずはAコードでの6thを使った古典的なリフですが、Aコードを人差し指一本で押さえる部分がポイントです。6弦はなるべく親指ミュートを。曲の雰囲気が変わる部分では5弦開放のA音から2,3,4フレットを2回ずつ弾いて上がっていく、これも常套句的なオカズを入れます。あとはDコードをローコードではなくセーハのDにしましょう。これでかなり弾きやすい&かっこいいアレンジになります。

2016/12/20 15:00 ヤノさん

アコギ

一人ジェンガ (矢井田瞳)  白い雲のように (猿岩石)

一人ジェンガはイントロフレーズが弾ければほぼ問題ないと思います。音が短く切れないように、原曲の雰囲気を良く聴いて弾いてください。白い雲のようにはクリシェ部分を集中して練習しました。余計な弦のミュートを常に考えましょう。6thインターヴァルの練習ではだいぶ力が抜けてきているので、コードでも無駄な力を入れないように気を付けて下さい。

日高

2016/12/20 14:00 ナガタニさん

ソロギター

エナジーフロウ (坂本龍一)

コードを確認しつつ、最後まで弾きました。今回の譜面では省略された部分がもう一展開あるので、次回はそこを作ってみましょう。コードは大体の形が見えるようになっていますが、今回のアレンジではドロップ2という形が出てきます。Dm7、Bm7/Eと続く部分のコードがそうなのですが、どちらもルートを開放でとったり、onEだったりとイレギュラーなので分かりにくいです。まずはルートの事は無視してm7コードの新しい押さえ方を覚えましょう。実際曲を弾く場面ではガイドフィンガーを使いDm7を人差し指無しで押さえると、続くBm7/Eにスムーズに着地できます。

日高

2016/12/19 20:00 マツオ(ア)さん

エレキ

ブルース ペンタ スウィートホームシカゴ

ペンタのフレーズをコピーしていきました。ブルースは特に常套句的な歌いまわしで弾く事が多いので、しっかりフレーズを覚えてください。♭5の使い方やリズム面などに意識をもってコピーするといいでしょう。メトロノームに合わせた裏拍の練習などはだいぶ効果が出てきています。ギターを持たずにリズムをとる練習などもやってみて下さい。

日高

2016/12/20 19:00 クロキさん

エレキ

supersonic (OASIS) パワーコード

パワーコードを弾く際の右手は手首より先の部分を中心にピッキングします。腕を振るとなかなか弾きたいところだけピックを当てるのが難しいので、指先と手首に意識を持って行きましょう。左手は今日練習したフォームでパワーコードを押さえるようにしてください(人差し指と薬指が基本です)。

四反田

2016/12/20 14:00 タニグチさん

アコギ

イージューライダー(奥田民生)

左手をさらに強化していきましょう。Dを押さえるコツを掴みましたので、忘れないように復習してください。基礎練習で行った1音ずつ弾く練習を繰り返すと、ますます左手の指が動くようになりますのでウォーミングアップに取り入れてくださいね。次回でこの曲は仕上げてしまいましょう。

四反田

2016年 12/17 14:00 ナカムラさん

エレキ

○リズム

○コードアルペジオ

○hotel california

 

基礎練習の際に左足でリズムを取って頂きましたが、しっかりと拍にはまっていたのでバッチリです!指は動くので、リズムに気をつかいながら弾けるようになるとベストです。コードストロークの際は右手をしっかりと振り切れるように意識してみましょう。新しい曲のコードアルペジオですが、しっかりとリズムがとれるようになってから弾くとかなり弾きやすくなると思います!

 

小吹

2016/12/17 14:00 ヨコタさん

ソロギター

コードディグリー 音楽理論 CAGED 枯葉 

コードをディグリーで覚えていきました。一発で覚えなくてもいいので、何度も繰り返して練習して、徐々に頭に入れていきましょう。まずはルート、3度、5度、7度の位置を正確に覚える事から始めてください。CAGEDを使い、慣れた形以外の様々なポジションでコードを弾きましょう。枯葉を使ってメロディ→コードと弾く練習などが役に立ちます。コードもコードネームだけでなく、何度のコードかをしっかり把握してコード進行を追ってみて下さい。

日高