2014/12/2 10:00 マキさん

アコギ

to mother (YUI)

ストロークのイメージを軽く速い感じに変えていきましょう。この曲はスローですが、ストロークスピードまで遅くなってしまうと重くなり過ぎてしまいます。特にスタッカート部分はスパットストロークが抜けるようにして下さい。スタッカートでのFコードの所で、歌のフレーズが難しい部分があります。拍と歌の言葉の関係を冷静に見てみると、3拍、4拍の頭は前の言葉が伸びている部分です。ここをしっかり意識して練習して下さい。

日高

2014/11/27 11:00 マキさん

アコギ

to mother (YUI)

ストロークのリズム感をアップさせるために、ストロークスピードのコントロールと発音のタイミングを練習しました。曲がゆっくりだとどうしてもストロークも遅くなりがちですが、リズムを出していくために、まずは今より速いストロークを意識しましょう。力まず速く、音量もコントロールしつつゆっくりな曲を弾くのは難しいですが、今日やったピックコントロールを意識しつつブラッシングでしっかり曲に合わせていく事で変わってくると思います。ストロークの音が出るタイミングもやや遅いので、弾ききった所がリズムに合っているように練習しましょう。

日高

2014/11/20 11:00 マキさん

アコギ

to mother (YUI)

曲全体の構成はしっかり出来ています。あとはアルペジオ部分や単音でベースを弾く部分などをきっちり仕上げておきましょう。GからのCadd9は小指が異弦同フレットを押さえるため難しいですが、押さえ方を変えたりすると混乱してしまうので、今回は小指の動きを意識して力を抜いてチェンジする事で乗り切りましょう。

日高

2014/10/29 11:00 マキさん

アコギ

To Mother (YUI)

コードの確認とストロークのパターン、どこでアルペジオを入れるかなどを決めていきました。コードはBaug以外はあまり難しくないです。onコードはベースの流れを意識して下さい。コードが変化する所は、元のコードをどれだけしっかり認識しているかが大事です。AmとAm7/Gがしっかり関連付けられているようにしましょう。アルペジオはまだそれほど難しいパターンではないですが、アタマのCの1弦3フレットは音が切れてしまいやすいのでしっかり気をつけてフレットの側を押さえて下さい。

日高