2015/07/08 18:00 オガサワラ

エレキ

BAD FEELING (BOOWY)

弦移動やプリングなど色んな処理が必要です。1音づつゆっくり味わいながら丁寧に弾きましょう。上達すると弦の距離な
ど感覚が鋭くなってきます。徐々に自分の感覚を信用して弾く様にしましょう。D9はとりあえずダウンだけのパターンとオルタネイトで横にクロマチック移動するパターンを馴染ませておきましょう。

太田黒

2015/06/05 19:00 ナカノさん

エレキ

BAD FEELING (BOOWY)

アーミングダウンしてピッキングした状態からリバースするテクニックは重宝します。リバースしたらアームの圧力がゼロになる様にしましょう。ソロはカオスぽいので、Aマイナーペンタを使って自分で考えてみましょう。発表会が終わったらWALK THIS WAY を解説します。

太田黒

2014/11/23 14:00 マツオ(し)さん

エレキ

B・BLUE (BOOWY)

エンディングが4回リフを繰り返してAを伸ばしてジャカジャカでしめましょう。アルペジオはスローで丁寧に弾く練習をやっておきましょう。左手だけの練習を1コードで繰り返して慣れてから連結します。Bmの人差し指バレー省略と思って練習しましょう。

太田黒

2014/11/09 12:00 マツオ(し)さん

エレキ

B.BLUE(BOOWY)

ロングスライドは視線の移動が大切です。顔を大げさに向けなくても視線だけ動かすと十分視野に入ります。まずはゆっくりスライドしましょう。14fよりも次の1弦17fを狙うと自然に人差し指が14に来ます。11フレットにハイポジションから降りて来る場合は12フレットが目立つので、その隣と思うとすぐ見つかります。サビの最後の6弦3フレットは薬指か中指を使うとスムーズです。

太田黒

2014/10/26 13:00 マツオ(し)さん

エレキ

①SILENT JEALOUSY (X)  ②B BLUE (BOOWY)

①ズクズクは摩擦音だけにならない様にしましょう。ピックの先端がギターを向く様にして弦をしっかり揺らしましょう。音質を耳でしっかり聴いて判断するのが大切です。②アルペジオの部分はコードの3弦だけが1フレットづつ下がっていきます。低音のアルペジオは、ゆっくり丁寧に練習しましょう。ロングスライドは目標のフレットの隣に壁があると思って当てにいきましょう。

太田黒