2016/1/26 16:00 ヤノさん

アコギ

one more time one more chance (山崎まさよし)  フィンガーアルペジオ

セーハの押さえ方を中心に練習しました。ルートを押さえる指先に力や重さが集中しすぎないように、バランスよくペタッと押さえます。力よりは手の重さを利用して、落ちる力を押さえる方向に向けてやるイメージで。慣れてくれば手の重さ自体もほとんど必要なくなります。左に余裕があれば、右手もリラックスできると思うので、全体に楽になります。新しい曲は6/8拍子です。まずは基礎練で動きに慣れていきましょう。

日高

2016/01/26 16:00 モモサキさん

ベース

①高速スラップ ②she loves you (BEATLES)

左右の膝を16で叩きながら曲を聴きます。最初は曲を無視するくらいの気持ちで、一定のリズムをキープしましょう。慣れてきたら、歌に対して少しづつ心を許して最終的には、100パーセント歌に心を込めても自動処理で一定リズムがキープできる様になります。フレーズを歌う練習はとても良いです。プルを弾くときに頭がつられ過ぎない様にするとグルーブが出ます。

太田黒

2016/1/26 13:00 キタムラさん

エレキ

the best damn thing (アヴリル・ラヴィーン)

全体の構成の確認と、ペンタを骨格としたDメジャースケールのフレーズの確認をしました。構成はシンプルですが、間奏が1回目はD、2回目はAです。エンディングは再びDになって最後はG→A→Dに戻って終了です。Dのペンタフレーズは大体理解できたようですが、とっさにDの位置を見失うようです。Dのパワーコードを弾いてからDメジャーペンタやDメジャースケールを弾く練習をしておきましょう。「何を見ながら弾くのか」を明確にしておくとミスが少なくなります。

日高

2016/1/26 11:00 トヨムラさん

アコギ

風をあつめて (はっぴいえんど)

リズムを中心に復習しました。表拍、裏拍をしっかり確認し、休符はピタッと音を止めるようにしましょう。ブラッシングもはっきりとだすとメリハリがつきます。間奏部分は表裏が激しく入れ替わるので、しっかり確認しておいてください。エンディングに原曲を真似たアルペジオを入れました。3:3:2のパターンです。折り返しの弦をダウンで弾くと繰り返しやすいです。

日高

2016/1/26 10:00 タダクマさん

アコギ

lovin you (ジャネット・ケイ)

ドレミでメロディを弾く練習では、ポジションを確認したら知っているメロディを色々弾いてみましょう。曲練習では横移動をやっています。ルートの音がどこにあるのかをしっかり考えながら練習してください。最後のA△7は人差し指を使わずに押さえると繰り返しのD△7に戻りやすいです。横移動の場合に有効なので覚えておきましょう。

日高

2016/1/25 19:00 カミガシマさん

アコギ

トゥルーラブ (藤井フミヤ)

色々な弾き方、リズムが出てくるのでゆっくり仕上げていきましょう。コードはクリシェの途中に出てくるAm△7とF/Gが難しいです。Am△7は一瞬なので、人差し指はそのままで押さえる事をおすすめしますが、難しければ全部の指を押さえなおしても大丈夫です。自分にあったほうを使いましょう。F/Gは前の曲にも出てきていますが、今回はリズムの難しいところに出てくるので焦ってしまわないように。Fにいくつもりで途中までコードチェンジし、最後にGを押さえる練習から始めましょう。

日高

2016/1/25 16:00 コガさん

アコギ

素晴らしい日々 (ユニコーン)

パームミュートを使ったストロークを弾いていきます。イントロ部分にP.Mをかけていきましょう。軽くブリッジ辺りに手を置いて、少し音をこもらせます。ブリッジから離れると音程がなくなりブラッシングになってしまうので、音をよく聞いて感覚をつかんでください。Aメロは簡単ですがBメロからセーハBmを使っていきましょう。サビからは激しく動くので、Bmでしっかりセーハのコツをつかんでおいてください。

日高

2016/1/24 11:00 カワノさん

アコギ

星野源 sun

イントロはローコードでは難しいので、4〜2弦をセーハする形で横移動しましょう。キメはFです。スピードが速いので、無理に弾かなくてもいいです。Aメロに入って以降もコードチェンジが速いので、セーハのBとBmは押さえている暇がなさそうです。ローコードB7、Bm7で押さえてみましょう。F♯dimも説明しましたが、このコードは省略しても大丈夫です。C△7はCの人差し指を離すだけでいいです。

日高

2016/1/23 19:00 モリタさん

クラシックギター

基礎練習

まずは4本の指を1つずつのフレットに置いて弾ける様に基礎練習から始めましょう。まだ少し力んでしまうので、力まずに指を「置く」イメージで弾きます。小指は最初はだれでも上手くコントロールできません。じっくり時間をかけて取り組みましょう。禁じられた遊びのテーマの出だしを少し弾いてみました。右手はよく動いています。出だし1弦7フレットを小指で押さえて練習して、押弦の感覚を掴んで下さい。あまり長時間続けず、無理はしないようにしてください。

日高

2016/1/23 18:00 ハマモトさん

エレキ

ジョニーBグッド (チャックベリー) 混合ペンタ(ドリアン+Maj3rd)

イントロラストにあるメジャーマイナー混合型ペンタの説明をしました。名前の通りメジャーペンタとマイナーペンタを重ねた形ですが、もう少しわかりやすくするために「ドリアンスケール+Maj3rd」と考えていきましょう。ドリアンスケールはドレミを「レ」から並べ直したスケールで、マイナーペンタに「2nd、6th」の二つの音が入ったものです。これだけでは肝心のMaj3rdが入らないので半音下からのアプローチなどを使いつつMaj3rdを取り入れて弾いています。リズムがやや難しかったですが、最後は大体把握できていました。練習するときは必ずカウントをとって、表拍、裏拍、そして何拍目かを確認しながら練習してください。

日高