2017/05/17 14:00 タニグチさん

アコギ

TSUNAMI(サザンオールスターズ)

引き続きBメロ部分のバレーコードを中心に練習しましょう。前回よりも上手く弾けていましたので、その調子でクリアしていってください。右手のフィンガーピッキングも良い感じになってきています。忘れてしまわない内に繰り返し練習を行いフォームを固めていきましょう。

四反田

2017/05/04 14:00 タニグチさん

アコギ

TSUNAMI(サザンオールスターズ)

Bメロ部分のバレーコードを中心に練習しましょう。右手はブレないように手首を固定するようにブリッジ付近に置いてみたり、小指をピックガードに乗せるなど、見なくてもどの弦を弾いているのかを把握出来るようにしましょう。指先と爪の間あたりで弾くと綺麗な音になりますよ。1弦を特に綺麗に鳴らすように意識してください。

四反田

2016/01/10 11:00 サトウ(シ)さん

アコギ

tsunami (サザンオールスターズ) ピックアルペジオ

アルペジオのパターンを固定し、アレンジしていきました。今回はD7、E♭△7を譜面に書かれているものとは違う形で押さえました。1弦を使わないアレンジの時には1弦を使わずに押さえられるコードのパターンを知っておくと音の感じに統一感がでます。F、Em7、Dm7の流れではF、Em7を4弦から押さえる事で、ベースのF、E、Dの流れをスムーズにしました。これも覚えておきましょう。

日高

2015/12/08 14:00 ヤノさん

アコギ

TSUNAMI (サザンオールスターズ)

アルペジオのパターンによって、弦に早く指を置きすぎる時があるようです。弾く瞬間に弦をキャッチしましょう。あとはベースをつなげるイメージで弾くともっと良くなります。ベースラインだけを抜き出して弾いてみるなどしてみましょう。コードは転調してからが難しいです。まずはどこにコードのルートがあるかをしっかり把握しましょう。

日高

2015/12/06 10:00 サトウ(シ)さん

アコギ

TSUNAMI (サザンオールスターズ)  ピックアルペジオ

アルペジオのリズムが流れてしまわないように、しっかりメトロノームを使った練習をしましょう。コードチェンジに慣れるまでは、開放弦だけでよいです。譜面上にオンコードが幾つも出てきますが、アルペジオの場合どの音を弾くべきかを考えながらプレイします。アルペジオの音形は、前の曲と同様のものを基本的に使いましょう。Bメロはコードが大変です。まずはストロークでコードそのものに慣れましょう。E♭△7は4弦ルート系です。Dから作れるよう、成り立ちを把握しましょう。

日高