2015/12/21 14:00 ヨシダ(ア)さん

エレキ

the best damn thing  (アヴリル・ラヴィーン)

パワーコード、メロディは上手く弾けています。あとはローコードを素早く押さえられるようにしていきましょう。基礎練習のアルペジオは右手の動きを覚えて、そこに左手を合わせるようにイメージして練習してください。次回くらいにはまた新しい曲を弾いていきましょう。

日高

2015/12/18 10:00 キタムラさん

エレキ

ローリングコースター (関ジャニ)  ベストダムシング (アヴリル・ラヴィーン)

ローリングコースターはあとは弾き込んで覚えれば確実に弾ける様になります。A♭△7の押さえだけ注意してください。ベスト~は一気に最後まで説明しました。簡単なフレーズの組み合わせでできていますので、十分弾けていました。途中弾くメロディはほぼペンタですが「シ」の音のみペンタ外です。

日高

2015/12/09 15:00 ミヤワキさん

エレキ

i can do better (アヴリル・ラヴィーン)  ペンタ

ローコードは新しくAを覚えました。三本指で押さえる方法が一般的ですが、人差し指一本で押さえる方法から始めましょう。1弦はミュートで良いです。パワーコードの部分は上手く弾けています。裏からコードチェンジするところも単音のフレーズも問題無いです。今日はペンタも練習したので、まずは指板の上にペンタの図が浮かぶように練習してみてください。次回は実際のフレーズに入ります。

日高

2015/12/02 14:00 ミヤワキさん

エレキ

the best dam thing (アヴリル・ラヴィーン)

ローコードのおさらいをしつつ、曲を先に進めました。リズムは変わらず上手いので、ローコードを一つ一つ覚えていきましょう。Gはパワーコードと違い、ルートの左側を押さえます。後半には次回に向けてペンタトニックスケールを覚えました。ロックでのメロディの基礎になるので、まずは並びに慣れておきましょう。次回はペンタを使ったフレーズに入っていきます。

日高

2015/05/29 20:00 ゴトウダさん

エレキ

The Best Damn Thing (アヴリル・ラヴィーン)

リズムの取り方、基礎のフォームから練習しました。リズムはメトロノームに「点」で合わせるのではなく、縄跳びの接地点のようなイメージで弾いてください。身体でのる事で次のタイミングを予想しましょう。クラシカルフォームは押さえる事よりもフォームのバランスに気を付けてください。音は綺麗になっているので、レベルアップしてフォームを崩さないことを課題にしましょう。曲はコードチェンジのタイミングで右手が止まらないように。「1」を大事にして弾いてください。裏でコードチェンジするところは、今はアップで変われるようにしましょう。

日高

2015/04/28 10:00 ゴウバルさん

エレキ

The best damn thing (アヴリル・ラヴィーン)

エフェクターを踏む練習をしました。入れるタイミング、切るタイミングをしっかり決めておきましょう。曖昧なタイミングで踏むと一つ前の音が途中で音が変わってしまうことになります。ピックを振り抜く瞬間に踏むことを意識してください。シーケンスフレーズはポジションが違うので訂正しました。音が上がったか下がったかを意識して弾くと動きに慣れやすいです。3つのブロックに分けて練習しましょう。

日高

2014/04/26 14:00 フジセさん

エレキ

The Best Damn Thing (アヴリル・ラヴィーン)

原曲のスピードにほぼ追いつきました。スピードは速さより正確さと、しっかり覚える事で上がっていきます。早くなると力みがちなので、軽くついていくようにしてください。ローコード、パワーコード、メロディと慣れたので、今回はシーケンスフレーズを採りました。まず譜面に書かれていたポジションがおそらく違うので、図に書いたポジションで練習してください。繰り返しのパターンなので弾くのは難しくないですが、繰り返しに向かうフレーズだけ違うので注意しましょう。

日高

2015/04/25 10:00 ゴウバルさん

エレキ

The Best Damn Thing (アヴリル・ラヴィーン)

ローコード、パワーコード、ベースとのユニゾンと、ギターの弾き方にだいぶ慣れてきました。今日はメロディラインの練習に進みました。今回のメロディはほぼペンタトニックスケールでできています。まずはペンタのポジションをしっかり覚えましょう。ギターでメロディを弾く場合、これがしっかり頭に入っているとかなり上達が違います。3弦6フレットのみペンタから外れますが、これはメジャースケールの音になります。ここは人差し指が1フレット下がって対応してください。続く4弦の9フレットが少し遠くなるので、ここでミスらないよう、しっかり練習しましょう。1度聞いたメロディをしっかり再現できるのは、かなりの強みです。今後も強みを生かして練習していきましょう。

日高

2015/03/04 12:00 ゴウバルさん

エレキ

the best damn thing (アヴリル・ラヴィーン)

最初にローコードが出てきます。数は多くないものの、Bmは少し難しいです。今後ローコードも色々出て来るので、無理のない範囲で慣れていきましょう。パワーコードになってからの部分は4拍裏でのコードチェンジが難しいですが、自然に変われるように練習して下さい。Gのコードを弾いてからの単音フレーズは全て人差し指で弾くと続くDにスムーズに進めそうです。運指は人それぞれの所もあるので、自分に合ったパターンを見つけていきましょう。

日高