2015/02/25 16:00 ウシオさん

エレキ

JAZZ BLUES

ストマン進行、クロマチック、ダブルクロマチック、3625などで練習しました。裏の連発のビートで、時々ドストレートな頭打ちを弾くとコントラストでカッコ良くなります。チャールストンビートなどのin2や4つ刻みなど、色んなリズムで弾いてみましょう。ソロでは、スケールでなくコードのみをみておかずを入れてみましょう。メジャーコードはⅢ7など特殊な場合を除いてR 2 3 5 6が使います。6度の常套句も使ってみましょう。マイナーコードはマイナーペンタが使えます。次回は♭13などオルタードテンションなども解説します。

太田黒

2014/09/29 18:00 ウメノさん

エレキ

ブルース

ターンバックはmagic samの様に、ミニコードをクロマチックで使う事もあります。使う弦を限定することも出来ます。コンセプトのみ理解したらピッキングする弦は選んでOKです。ダブルストップ3、7度の2音でブルースをしました。ルートを弾かなくても何のコードを弾いているか把握するトレーニングになります。他の楽器と音域をぶつけずに弾く事ができます。慣れたら余った指でテンションを入れる事も可能です。チャールストンビートでA13 D9の2コードを指癖にしましょう。Dはダブルクロマチックも練習しましょう。次回はJAZZ BLUESの進行を解説します。

太田黒