2015/08/03 20:00 ハラガさん

ボサノヴァ

insensatez  chega de saudade

表記されているコードを別の場所で押さえる練習をしていきました。5、6弦の音の名前とコードの基礎的な形を組み合わせれば、簡単に出てくるようになります。ルートからみてどこに何度の音があるのかをゆっくり覚えていきましょう。まずは3度、続いてルートのオクターブ上を覚えてください。そこから7度が導き出せるようになりましょう。曲はchega de saudadeに入りました。もうある程度コードがわかると思うので、初見でもだいぶ弾けました。次回から詳しく分析、解説、運指などを説明します。

日高

2015/07/24 14:00 ハラガさん

ボサノヴァ

insensatez  コード理論

コードの成り立ちと変化の確認をしました。前回6弦ルートでやったことを、今回は5弦ルートで確認していきました。ルート、3度、5度の基本的な位置と、ルートから△7と7th、6thまでの割り出し、3度の変化によるコードのマイナー、メジャーの変化をしっかり把握してください。6thについては、5度が全音上がる事でも押さえられるので覚えておきましょう。今日までの内容がしっかり頭に入れば、基本的なコードの理解ができたことになります。ここを押さえたらオンコードやテンションコードに進みましょう。

日高

2015/07/15 20:00 ハラガさん

ボサノヴァ

insensatez

曲としては難しくはないと思います。なので、今回はコードのディグリーからしっかり確認していきました。まずはルートからの3度、7度の位置を覚えましょう。7度はルートのオクターブから考えてください。「ルート、△7、7th、6th」と移動して、音の場所を把握しましょう。G7ならルートがG、コードはメジャーで「7th」が入ったもの。Gm6ならコードがマイナーで「6th」が入ったものです。毎回こうやって考える癖をつけておくと、コードが自然にわかるようになります。時間はかかりますが、頑張りましょう。

日高