2015/01/30 15:00 ゴウバルさん

エレキ

girl friend  i can do better (アヴリル・ラヴィーン)

スピードはだいぶ上がってきました。単音のフレーズのキレをしっかり意識しましょう。ミュートもコードのバランスも良いのでこの調子で練習していって下さい。新しい曲ではオクターブ奏法を練習します。パワーコードの真ん中がミュートになったものです。オクターブ離れた音なので「ドレミ」でのメロディを難しいことを考えなくても2音で弾けるので、ロックではよく使われます。

日高

2014/12/22 14:00 ゴウバルさん

エレキ

girlfriend (アヴリル・ラヴィーン)

パワーコードは上手く押さえられています。スピードが速くなってもミスが少ないので、覚えきってしまえば原曲で弾けそうです。コード進行はバンドで演奏する場合覚えてしまいたいですが、練習の時などはコード進行だけを書き出した譜面で練習するようにしましょう。Aメロ、Bメロ、サビ、といった構成の把握も大事です。

日高

2014/11/21 9:00 ゴウバルさん

エレキ

girl friend (アヴリル・ラヴィーン)

右手を一定に動かしながらストロークをしていきます。裏でコードチェンジするところはアップストロークになるので、まずはこれをしっかり守って弾いて行きましょう。単音のリフでは音を細かく止める必要があります。左手ミュートとピックストップがどちらも自然にできるように練習して下さい。リズムやミュートなどがかなり良いので、ゆっくりのスピードで慣れれば確実に弾ける様になると思います。速いスピードで練習するとどうしても細かい所が甘くなりがちなので注意しましょう。

日高

2014/11/10 12:00 ゴウバルさん

エレキ

パワーコード練習 Girlfriend (アヴリル・ラヴィーン)

パワーコードはミュートも出来ていて良い音で鳴っています。コードの名前と5、6弦上での位置を覚えていって下さい。曲はいきなり裏でコードチェンジする部分がでてきます。今は右手を一定にストロークさせているので、右手がアップの時にF♯を弾く事になるので注意しましょう。次のダウンが空振りになって、再びアップからストロークします。本来コードのあるポイントが前にズレた(食った、といいます)状態だと言う事を意識して下さい。

日高