2016/08/19 11:00 キタムラさん

エレキ

FEVER  (トライセラトプス) ペンタトニックスケール

ギターソロを練習しました。この曲に登場するフレーズはペンタトニックを使った典型的なものばかりです。基礎練習で行っているペンタトニックスケールの各音の位置とフレーズを照らし合わせながら練習してみましょう。またチョーキングは習得するのに時間がかかりますが、マスターするまで根気よく練習していきましょう。

2016/07/22 10:00 キタムラさん

エレキ

FEVER  (トライセラトプス) ペンタトニックスケール

ペンタの5弦ルートのポジションとチョーキングをメインに練習しました。ソロ後半の5弦ルートポジションに移ってからのフレーズを難しく感じるのは、ポジションの記憶そのものの曖昧さが原因のようです。基礎練習でのペンタの移動をしっかりやって、指板に浮かんで見えるくらいになりましょう。あとはリズムや装飾に惑わされなければ簡単なフレーズです。チョーキングは指先で持ち上げようとせず、指を立てて手首を回すようなイメージで弾きます。人差し指の付け根がギターについたままになるよう意識してみてください。

日高

2016/03/12 11:00 キタムラさん

エレキ

FIVER (トライセラトプス)

イントロ〜Bメロまでの流れを練習しました。イントロは2つのパターンに分かれています。最初がAmのリフ、後半がAメロと同じコード進行です。コード進行は同じ感じが続きますが、パワーコード白玉、四和音白玉、四和音4分と変わっていきます。キメのAでは4度を使ったパターンが出てきます。このパターンはロックギターでは頻出なので覚えておきましょう。最後はGまで上がってAを2小節伸ばしてイントロの後半と同じ間奏に入って2番につなぎます。

日高