2019/04/18 17:00 ムラノさん

アコギ

◎フィンガリング ◎ストロークver1.1、ver1.2
◎「Story」AI

実音のときは右手がいい感じにリラックスできていますが、ブラッシングのときに力んでっピックが深く入ってしまっています。ブラッシングは手首のスナップが大事ですが「ジャッ!」というよりも「チャ」くらいで充分です。実音のときと同じくらいリラックスしましょう。いつもより楽に弾けることがわかったと思います。
「Story」Dm→Dm7は中指がカギです。2弦に触れてしまわないようにしましょう。「鳴るときがある」ということは、「鳴らせる」ということです。自分なりのベストなポイントを探ってください☆

野口

2019/04/04 18:00 ムラノさん

アコギ

◎フィンガリング ◎ストロークver1.1、ver1.2
◎「Story」AI

ストロークで音を止めるときには次の動作によって止めかたを変えましょう。次がダウンならピックを上に、アップなら下に構えます。右手の側面で止めますが、手首よりと小指よりとでうまく使いわけてください。
「story」Bメロまで確認しました。Dm→Dm7の流れは一音の違いが大事なのでしっかり押さえられるようにしましょう。人差し指・中指がキツければ、中指の変わりに薬指でもOKです。人差し指のまっすぐだけはキープできるようにしましょう☆

野口

2019/03/21 16:00 ムラノさん

アコギ

◎フィンガリング ◎ストロークver1.1、ver1.2
◎「Story」AI

新しい曲に入ります。テンポが遅い曲なのでストロークは問題ないでしょう。まずはコードを把握していきます。Gsus4が出てきました。これはGのときの5弦と2弦のシをドに変えるというコードです。Gの場合、シ・ドは共存できないのでしっかり弾きわけられるようにしましょう。G/BはコードがGのままルートだけをBにするというものです。こうすることで前後のC、Amと繋げやすくなります。(ルートがド→シ→ラ、となるので)
構えるときにもう少しだけ手首を前に出すと良いでしょう。指の付け根の関節がネックのラインより後ろに下がると可動域が狭くなって指が思うように動かせません。指の長さにもよるので自分なりにベストポジションを探ってください☆

野口

2014/10/11 17:00 マスダさん

アコギ

明日への扉  Story (AI)

Storyはコードチェンジのタイミングが難しい部分が出てきます。音源を良く聴いてタイミングを掴んでおきましょう。明日への扉はだいぶ上手くなっています。アルペジオを使って静かな部分を演出すると、その後の盛り上がりが活きてきます。