2013/03/30 17:00 ドウキさん

アコギ

3月9日 (レミオロメン)

指の調子が少し回復したという事で、久々のレッスンでした。元から関節がカクカクするなど、指の状態が少し悪いようです。今日やったように、首から先のストレッチを毎日行ってみてください。左手に負担がかからぬよう、アルペジオのトレーニングをしばらくやっていきます。まずはゆっくり右手の動きに慣れましょう。

日高

2013/03/30 15:00 モリヒロさん

エレキ

ティーンズ・ライク~ (ニルヴァーナ)

パワーコードと右手のストロークのトレーニングをしました。パワーコードはしっかり押さえられていましたが、1,2弦を押さえてしまうことがあったので、ミュートを意識して練習してください。曲は右手のストロークが難しいので、右手を曲に合わせて一定に振る練習と、右手は簡単なストロークにして左手のコードを覚えていく練習の二つをやっていってください。

日高

2013/03/30 14:00 エトウ・フタムラさん

エレキ

サンシャイン・オブ・ユア・ラブ (エリック・クラプトン)

リードを最後まで解説しました。少し譜面が間違っていたので訂正しています。弾くことは難しくないのですが、チョーキングの音程やピッキングのニュアンス、フレーズの歌い回し等を真似するのはなかなか難しいです。クラプトンの出す音をよく聴いて、しっかり頭に入れた上でフレーズを練習していって下さい。歌うように弾く、これに尽きると思います。ラストのフレーズはDmペンタです。しっかりポジションを把握しながら覚えて行きましょう。

日高

2013/03/30 13:00 イソジマさん

アコギ

①三日月(絢香)②優しさに包まれたなら(松任谷由実)

①フィンガーピッキングのアルペジオを練習しました。慣れてきたら曲の中で使ってみると面白いですよ。まずは右手に集中するために開放弦で6弦3、2、1弦を順に弾く練習と同時に弾く練習で馴染んでいきましょう。ピッキングのストロークパターンも少しづつ増やしていきます。②C♯m F♯m Bmがスムーズになって来たので今後が楽しみです。一気にレパートリーが増えるので、この3つの部分だけ繰り返して指に馴染ませましょう。

太田黒

2013/03/30 13:00 スミナミさん

エレキ

Don’t Look Back In Anger (OASIS)

引き続きアドリブでの対応を考えつつ、オアシスのコピーを進めました。だいぶペンタの使い方がわかってきたようです。リズムの難しいフレーズは着地点を意識して、そこに向かって弾くようにすると弾きやすくなります。ほぼ同じようなペンタの音使いの曲ですが、今日採った部分にはポジション移動を含む拡張部分がありました。非常によく使う動きなので、しっかりポジションを把握しましょう。

日高

2013/03/30 10:00 ノハラさん

エレキ

I Can Do Better (アヴリル・ラヴィーン)

パワーコードはかなりすんなりとモノにしたようなので、今回からオクターブ奏法に入りました。オクターブ奏法はパワーコードに次いで重要な弾き方なので、しっかり慣れてしまいましょう。基本的には3音パワーコードの真ん中をミュートにしたものがオクターブ奏法です。フレーズはまずドレミの位置を覚えて、それから弾くようにすると簡単に覚えられると思います。

日高

2013/03/30 09:00 ウツノミヤさん

アコギ

魔法の言葉 (スピッツ)

ストロークでの表現力を高めるために、曲の難易度を少し落としました。まずは強弱やコードの響きのバランスを考えながら弾いていって下さい。取り立てて難しい箇所はないと思います。スタッカートを使ったキメがあるので、そこでリズムが流れてしまわないようにしましょう。

日高

2013/03/29 20:00 フクヤマさん

エレキ

チェリー (スピッツ)

FからGに行く部分は、ピッタリくっついた薬指と小指が6弦と1弦に大きく離れるので、小指を先に1弦に持って行く場合でも薬指がつられて高音弦側に行かない様にしましょう。B♭はフレット間隔が広いので、まずは7フレットくらいの狭い場所で練習しましょう。コツは3本指をまとめて押さえる練習から始めて、安定して来たら人差し指を後ろの方に広げます。コードチェンジのタイミングで1回だけ解放を鳴らすテクニックもアップテンポの曲では特に大切なので指をリセットする練習をしましょう。コツはギターから指を離しすぎない事です。

太田黒

2013/03/29 19:00 コブキさん

エレキ

5NOTESリズムトリック(OOTAGURO)

4拍リズムに5音を乗せる練習をしました。一つのリックを、どの音から始めてもメロディーとして心が捉えられる様に、声に出して歌える様にする事が大切です。歌える様になると、全てのパターンを心が受け入れる事になるので、すんなり弾く事も出来ます。弦移動も色んなタイミングで出てくるのでオルタネイトキープの良い練習になります。リズム感を鍛えるために8分音符のブラッシングをキープしてTRIPTECHなど好きな曲を声に出して歌ってみましょう。なれたら、コード進行を弾きながらメロディーを歌います。最初は全音符で1ストロークづつ鳴らすだけで良いです。コードとメロディーのハーモニーをしっかり味わえる様になったら、刻みを入れましょう。

太田黒

 

2013/03/29 17:00 モモサキさん

ベース

PLEASE PLEASE ME (BEATLES)

コード進行に対して低音を使うか高音中心に使うかを決めてから取り組むとスッキリします。オリジナルのプレイに添う形にするか、自分の得意なポジションにするか決めてから取り組みましょう。リズムの練習はベースを持っていない時の方が短時間で上達します。楽器を持つと指に頼ったり、テクニックの練習の意識になってしまうので、膝を8拍たたきながら頭を4分でキープしながら。リズム練習のスコアリードをしてみましょう。

太田黒