2012/12/28 18:00 タキさん

エレキ

デトロイトロックシティー(KISS)  SMELLS LIKE TEEN’S SPILIT(ニルバーナ)

スライドは直前までスライドを意識せずに丁寧に弾いて、スライドのタイミングで初めてポジション移動を瞬時に意識する練習が大切です。フレーズの最後の方を意識し過ぎると、全般が雑になってしまうので今出している音に1つ1つ集中することがポイントです。ロックグリップを使うと、指がコンパクトにまとまるので小さい動きでフレーズが弾けます。モーションを小さく出来ると速弾きにもつながります。SMELLS〜の方は、16分音符のビートなので、ブラッシングで細かいイメージをつかむと良いですよ。最初はシンプルなリズムで良いので左手の練習を先にしっかりしておきましょう。フレット間隔が広いのでパワーのフォームがゆったり押さえられる様にリラックスしましょう。パワーはロックグリップと逆方向に指を斜めにするとうまくいきます。

太田黒

太田黒

2012/12/28 17:00 コブキさん

エレキ

基礎練習(上級バージョン)

メトロノームの2、4拍と各拍の裏を練習しました。まずはギターを置いて声で裏にアクセントを付けてドレミを歌う練習をしました。心の中に表現したいイメージが明確に描けるとギターを持った時すぐに弾けます。各弦の音名もゆっくり心にしみ込ませる感じで味わいながら弾きましょう。焦る感じが刷り込まれない様にリラックスしながら味わう事が大切です。6連速弾フレーズは3弦から2弦に移動する時、人差し指が1フレットずれる事に集中して練習しましょう。リズムのスコアリーディングは長期的ビジョンで取り組んでいくので、覚えたいテンションコードなどを利用して少しづつ練習していきましょう。

太田黒

2012/12/28 15:00 ハラグチさん

エレキ

rock’n roll (SCANDAL)

パワーコードの6弦中指ミュートはかなり良い所まできています。あとは若干アーチ状にして6弦のみに触れる様にすると完璧です。人差し指で高音側を軽くミュートします。パワーコードのスライドもカッコ良いので滑らかな感じが出る様にしましょう。フィンガリングをいくつか変えましたが、新しいフレーズを覚えるつもりでゆっくり味わいながら弾きましょう。前もって次のフレーズを考えてしまうとごちゃごちゃになるので、その時出す音のみに意識を集中します。慣れると集中したまま次の事も考える並列処理も可能になりますが、最初は1音づつ集中するのが効率的です。

太田黒

2012/12/28 15:00 ナカムラさん

クラシックギター

春の歌(ロッシ) ワルツ(カルリ)

春の歌はあとは弾き込んで慣れていって下さい。低音の解放弦がすぐにドレミで出て来るようになれば、だいぶスムーズになるはずです。次のワルツは3/8という見慣れないリズムです。これは8分音符三つで1拍になります。押さえておくポイントは、今までと違いトップノートを固定して、低音部を滑らかに繋ぐ、というアプローチが出てきます。例えば春の歌で使ったG7のF音がトップではなくボトムに使われ、次のCもボトムをEにすることでF、Eの流れを作り出しています。常にこういった事を考えながら練習していきましょう。

日高

2012/12/28 13:00 ハラダ(ナ)さん

エレキ

ロストワールド(ELLEGARDEN) You Shook Me All Night Long  (AC/DC)

ロストワールドはしっかり最後まで覚えて弾けました。速いパワーコード、アルペジオ、オクターブ奏法となかなか難易度が高かったですが、ノイズも少なくいい音で弾けています。次の曲はロックの基本のようなリフが出て来る曲なので、これもしっかり練習しましょう。

日高

2012/12/28 12:00 タナカさん

アコギ

This Way (ラブ・サイケデリコ)

細かな部分を合わせていきました。録画してみてわかるのは、パームミュートで刻む所のリズムの重さと、全体のリズムが速くなりがちという問題です。今回は後ろに音源をかけずに弾く事になるので、やはり一番いいのはメトロノームを使ったリズムキープと、それを録音、録画してみる事です。曲自体はすでに完成しているので、細かな部分を磨いて行きましょう。

日高

2012/12/26 21:00 ウエダさん

エレキ

burn (deep purple)

速弾きの練習をしました。音を点でなく線で捉える事でたとえ短い音符であっても与えられたスペース一杯に音を伸ばす感覚をつかみました。徐々に速くして行く時も、点にならない様に意識をキープしました。ピッキングのみに意識を向けたり左手のみに意識を向けるなど、意識の置き所を変化させて全方位で捉える練習をしました。ピッキングの場所をフロントピックアップよりで、ミュートがかぶってしまわない様に6弦よりでも弾ける様にしました。スローで心地よくなるレベルの弾き熟しを続けましょう。スピードは急激にあがってきます。

太田黒

2012/12/26 20:00 イワベさん

エレキ

I Can Do Better (アヴリル・ラヴィーン)

パワーコードによるバッキングのおさらいと、オクターブ奏法によるソロラインの練習をしました。パワーコードのほうは問題ないので、あとは曲の流れをしっかり覚えましょう。オクターブ奏法は難しく感じるかも知れませんが、3音のパワーコードの真ん中が抜けただけです。リズムは8分音符を3、3、2と割って弾きます。

日高

2012/12/26 19:00 ウシオさん

エレキ

BLUE BOSSA

ボサノバをしました。5弦ルートや6弦ルートを即興で選べる様にしました。5弦ルートの場合、ルートと、6弦上にある5度の音を交互に弾く練習もしました。7THでは♭13のテンションを加えたり、m7♭5の6弦ボトムも利用出来る様になりました。レコーダーを使ってソロを録音して、それに合わせてバッキングの練習をしたり、バッキングを録音してソロを弾く練習をしてみましょう。

太田黒

2012/12/26 17:00 18:00 イリザトさん

エレキ

ローリングスター (YUI)

発表会の曲決めをしました。ローリングスターはソロを練習しました。ソロはコード弾きとアプローチがガラッとかわります。どこを押さえるのか視覚的に捉える事も大切ですが、耳で音の上下をイメージする事も大切です。音をきちんとイメージしながらコピーしていくと、将来的にアドリブの基礎になりますし、耳コピーの基礎にもなります。機会的なポジションの暗記ではなく、メロディーの音の配列でポジションを思い出せる様になります。単音のソロにブラッシングが入ると最初は大変ですが、リズミックに弾ける様になるのでシンプルなブラッシングだけの練習から徐々にレベルアップすると効率的ですよ。

太田黒