2016/04/26 13:00 ツツミさん

アコギ

季節が笑う (秦基博)

アルペジオを確認しました。まずは左手が押さえる形を追えるようにしていきましょう。ハンマリングやプリングのポイント、右手の指の動きともにある程度決まっているので、パターンを意識して練習してください。 Am11とD7(9)/Aは4弦の音が半音動くだけで弾く事ができます。A、Dともに開放弦をルートにしているのでコードの形がわかりにくいですが、常に元の形を想定しながら弾きましょう。最後の小節のパターンが少しわかりにくいです。裏拍から同じパターンが二回続いている事を意識してください。

日高

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中