2017/07/19 18:00 サトウさん

エレキ

Mr. crowley (OZZY OSBORNE)

ドレミをアルファベットと耳を使った相対的な位置関係と全音半音の並びと、色々な角度から把握しました。5、6弦の5フレットまでの音名を覚えておくと、タブ譜ではなく、コードネームをみただけで、パワーコードならすぐ弾けるようになります。

太田黒

2016年 10月23日 15:00 セグチさん

アコギ

◎音名
◎メジャースケール
◎曲のkey判別
◎コードストローク

曲のkeyの判別ですが、最初か最後のコードか曲中にずっと鳴らしていても違和感がないコードがkeyとなっております。わかりにくい場合はそこでメジャースケールを弾くとあっているかいないかわかりやすいと思います。ストロークに関してですが、8分をブラッシングで強弱なしで練習してみてください。簡単に見えますがかなり意識しないとリズムや強弱が出てしまうので良い練習になると思います!

小吹

2016年 10月23日 13:00 テライさん

エレキ

◎ハンマリング・プリング
◎ピッキング
◎音名

指はしっかり動いているのですが、グリップフォームからクラシックフォームに変わる時の動作が違和感があるので、4弦から下がグリップフォーム、5弦から上がクラシックフォームなどチェンジするところを決めて練習すると良いと思います。5、6弦の音名を覚えて頂いて、そこからどこでもペンタトニックスケールを弾けるように練習をしてみてください!

小吹

2016年 10月16日 15:00 ミヤザキさん

アコギ

◎クロマチック
◎音名
◎前前前世

クロマチックの基礎練習は戻ってくるときに次の音が先になってしまい、2音なってしまっているので1音づつ弾くということを意識してやってみてください。新しい曲の前前前世は最初のメロディに16分のハンマリングが入っているので、形を覚えたらリズムを意識して練習してみてください!Aメロからはコード譜面などでコードとコードチェンジの場所を確認しながら練習してみてください!

小吹

2016/07/19 19:00 ツルさん

エレキ

ソラニン(アジアンカンフー)

パワーコードで、6、5弦ルートは音名がさっとわかる様に慣れていきましょう。最初は♭なしの曲が楽です。フラットよりはシャープの方が楽だと思います。色んな曲をロックバージョンに変えて遊んでみましょう。右手のブリッジミュートやストロークパターンなどで、かなりのバリエーションがつきます。

太田黒

2016/04/12 11:00 アベ(ナ)さん

エレキ

パワーコード 音名

まずは音名を覚えていきます。6弦上のどこが何の音なのかをしっかり覚えていきましょう。パワーコードの練習ではリズムとミュートを意識してください。特に5弦からのコードを移動させる時、6弦が鳴らないようにしましょう。弦が少し古いようだったので、交換したほうがいいです。やり方がわからなければ、次回持ってきてもらえば説明します。

日高

2016/03/06 19:00 マツオ(カ)さん

エレキ

足音(ミスチル)

チューナーの使い方を解説しました。6弦Eと5弦Aの音は特にコードの一番低いルート音になりますので、覚えておきましょう。アルファベットとドレミの関係は短調を基準に考えるとラのAからスタートです。半音のミファ、シドにあたるのが、EF BCになります。黒鍵をイメージして、それ以外は音を飛ばして配列されています。コード表ダイアグラムの見方は譜面台ではなく水平なテーブルに乗せると直感的に一致して見えます。指を寝かせて複数の弦をおさえるバレー(セーハ)は人差し指で行うことが多いです。

太田黒

2015/08/26 17:00 マツオ(は)さん

エレキ

虹色ハイジャンプ(Le Lien)

パワーコードならメジャーとかマイナーとか関係なく同じフォームで弾けます。6、5弦の音名を覚えました。解放はチューニングの時に出てくる音です。BC EFがくっついています。ディミニッシュだけはフレット間隔が狭くなります。エンディングはイントロと同じメロディーですが、転調しているので1フレット横にずらして弾きます。次回はつなぎを解説します。

太田黒

2015/05/03 17:00 タケイさん

エレキ

小さな恋の歌(モンゴル800)

右手の手刀を弦に軽くつけるパームミュートを練習しました。耳でかかり具合を調節しましょう。パワーコードはストレッチした後にフォームを作ると楽に感じます。色んな角度でフォームを作ると立って踊りながら弾ける様になります。音名練習はE F Gを特に練習しましょう。

太田黒

2015/04/27 17:00 タケイさん

エレキ

小さな恋の歌(モンゴル800)

アルファベットの配置を覚えました。とりあえずは5フレットまで覚えましょう。パワーコードはメジャーもマイナーも同じフォームで大丈夫です。手首に負担がかからない角度でおさえましょう。慣れたら右手のリズムを付けていきます。

太田黒