2016/12/20 15:00 ヤノさん

アコギ

一人ジェンガ (矢井田瞳)  白い雲のように (猿岩石)

一人ジェンガはイントロフレーズが弾ければほぼ問題ないと思います。音が短く切れないように、原曲の雰囲気を良く聴いて弾いてください。白い雲のようにはクリシェ部分を集中して練習しました。余計な弦のミュートを常に考えましょう。6thインターヴァルの練習ではだいぶ力が抜けてきているので、コードでも無駄な力を入れないように気を付けて下さい。

日高

2016/10/16 14:00 ハマモトさん

アコギ

白い雲のように (猿岩石) アルペジオ アレンジ

ライブのための弾き語りアレンジを練習しました。スケールについては今まで練習したよく使うポジション以外のポジションも使ってみましょう。もう自分で図に描いて考えることは出来るようになっているので、あとはどんどん使って自分のものにしてください。カポの位置を変えた二台のギターのアレンジなので、相手のフレーズに合わせてこちらが変化するくらいの余裕が必要です。アルペジオの基本パターンをメインにストロークを入れたりメロディを入れたり、二人でリハをしながら工夫してみてください。クリシェ部分はアルペジオ担当のほうが楽です。最後ベース音が5弦に来るときは4弦をスキップします。気をつけましょう。

日高

2016/10/11 17:00 ヤノさん

アコギ

白い雲のように (猿岩石) fly Me To The Moon

白い雲〜はイントロ、インタールード、アウトロの確認とBmでのクリシェをやりました。イントロ、アウトロのメロディはもう一人のギターに任せるということだったので、ここはシンプルにコードを弾きましょう。Bmのクリシェはデュオなので全部コードで弾く必要はないです。省略型のコードを練習しましたが、最悪下がっていくだけを音を追いましょう。チェンジのタイミングに注意です。Fly Me~は歌っている時に少しバッキングが揺れてしまいます。歌が感情に合わせて揺らいでも、バッキングはつられないようにしましょう。最後繰り返しの部分はもう一度歌詞、メロディを確認しておいてください。ヴァンプは長さは決めないので、メロディの終わりと合図をしっかり感じるようにしましょう。

日高