2016/11/12 10:00 モリヤスさん

アコギ

楓 (スピッツ)

しっかり弾けていたのでイントロをアレンジしました。ピアノのフレーズはピック+指弾きで真似してみましょう。弾かない弦は押さえなくてもよいので、1弦に指が当たって音が鳴らない場合など、弾かない2弦は離してしまいましょう。イントロ最後はGのコードの一番低い音を2フレットスライドさせてすぐにGに戻ります。右手が止まらないように弾くとかっこよく弾けます。その他、セーニョやコーダなどの記号も勉強しました。これからは譜面を見る時色々な記号を意識して弾きましょう。

日高

2016/10/29 10:00 モリヤスさん

アコギ 親子

楓 (スピッツ)

ストロークもアルペジオもどんどん弾ける様になってきています。この調子で新しい曲を弾いていきましょう。楓は16分のストロークがメインの曲です。コードチェンジが少しわかりにくいかもしれません。曲を良く聴いて慣れてください。Cadd9はよく使うコードです。Cを押さえて小指を2弦3フレットに。3弦に置いてしまうと前の曲に出てきたC7になってしまうので注意です。ピックを当てる位置を変えて音を変化させる練習もしました。イントロのピアノパターンの代わりに使ってみましょう。

日高

2016/04/12 14:00 タニグチ(ユ)さん

アコギ

楓 (スピッツ) オンコード

楓はだいぶ弾けています。全体的に力が強すぎて音が悪いので、もう少しリラックスして軽く弾きましょう。音量のコントロールにも挑戦してみてください。基本的にサビに向かって盛り上がっていきます。オンコードは一番低い音を指示された音に変えます。音名を少しづつ覚えていきましょう。

日高

2016/004/02 12:00 タニグチ(ユ)さん

アコギ

楓 (スピッツ)

基礎練習のリズムはだいぶ安定しました。力を抜いて手を一定に動かしましょう。コードのミュートが甘いので、しっかりミュートしてください。曲は右手の振り方が倍になりますが、慌てずにやはり力を抜いて一定に振りましょう。まずは手数が少ないところでも動き続けるようにしましょう。コードはCsus4が難しいです。1弦を押さえることを忘れていたので、しっかり1弦も押さえましょう。

日高

2016/03/22 15:00 タニグチ(ユ)さん

アコギ

楓 (スピッツ)

コード進行を書き出しました。Aメロ、Bメロといった展開を確認しながら弾きましょう。16分のストロークは早く感じるかもしれませんが、焦らず一定のスピードで右手を動かします。Csus4は少し難しいコードです。Fの中指を離したもの、と考えると弾きやすいと思います。Dは基本的には小指を使わない形で押さえましょう。

日高

2014/11/29 17:00 タカスさん

アコギ

楓 (スピッツ)

リズムも安定して、速くなるような事は無くなってきました。あとは本番でも落ち着いて弾けるようイメージトレーニングをしておきましょう。曲に盛り上がりが出来るともっと良くなると思います。同じストロークでも曲の雰囲気に合わせられるようになっていきましょう。FとGを繰り返すパートが変化すると、曲に動きが出てきます。Aメロ、Bメロは抑えめに弾きましょう。

日高

2014/11/02 12:00 タカスさん

アコギ

楓 (スピッツ) アルペジオ練習

楓はしっかり弾けてきました。あとはコード一つ一つを綺麗に鳴らす練習と、イントロの練習をしていきましょう。フィンガーアルペジオはまずはフォームと基本的な考え方を練習しました。6〜4弦が親指担当、あとは1つの弦に1本づつ指を対応させていく弾き方をまずは覚えましょう。左手は、右手が弾かない弦は押さえなくていいです。

日高

2014/09/20 17:00 タカスさん

アコギ

楓 (スピッツ)

コードを弾き分けてみましょう。低音を強調する部分は1,2弦をかわし、高音を強調する部分は5,6弦をかわすとニュアンスが出やすいです。低音のほうは音が小さくなりがちなので、ある程度は音量が出る様に気をつけましょう。Bm7はセーハよりローコードがのほうが楽です。こだわりがなければ今回はローコードに変更しましょう。Csus4は小指独立の練習をしておくと上手くチェンジできるようになります。

日高