2016/06/12 10:00 ヨコタさん

ソロギター

黄昏 (押尾コータロー)

ベースラインを意識した演奏を練習しました。譜面を見た時に、どの音がどのように進んでいるか、どう表現すればよいかを常に考えましょう。また、自分の演奏をしっかり聴いてコントロールしましょう。後半は跳躍の大きなフレーズをコードとスケールから分析しました。CフォームGのポジションを意識して弾いていきましょう。

日高

2016/04/23 13:00 ヨコタさん

ソロギター

黄昏 (押尾コータロー)

前半のおさらいをしつつ、後半の動きを追っていきました。前半は消音とピッチに注意して練習してください。細い弦の場合、特にピッチは注意です。ポジションを跳ねてから1弦メロディの状態で5,6弦のベースを押さえに行く場合など、手首を捻るようにして押さえに行くと1弦のピッチが狂います。基礎練習を思い出して動いてみてください。後半はコードを理解しつつ、まずは動きに慣れて運指を固めていきましょう。

日高

2016/03/27 11:00 ヨコタさん

ソロギター

黄昏 (押尾コータロー)

ネイルストップによるパーカッシブさと切ないメロディの表現を両立させていきましょう。コードの理解がだいぶ進んでいるので、どのようなアレンジになっているのかはしっかりわかってきています。リピート前の動きがやや把握しづらいですが、D7(♯11)はAフォーム+4弦開放のD、GはDフォーム+3弦開放のGです。転回形や低音が開放にある場合など、まだまだ見えにくい場合も多いですが、頑張ってコードを意識できるようになりましょう。運指は一旦弾いてみて、指やポジションを切り替えるポイント(主にメロディの切れ間が良いです)と、次の動きにとって有効な指を逆算して考えるといいでしょう。

日高