2016/7/26 13:00 ツツミさん

アコギ

季節が笑う (秦基博)

曲の途中の覚えにくい展開のところを集中的に練習しました。タブだけをみていると曲の流れを覚えきれません。指の運動として覚えるのではなく、コードの流れを覚えてください。まずはコードだけを先に押さえる練習などをするといいです。長い小節は覚えるべきことが曖昧になるので、覚えにくいと思ったら、短く切って練習してください。

日高

2016/06/28 12:00 ツツミさん

アコギ

季節が笑う (秦基博)

アルペジオのパターンをゆっくり練習しました。特におかずの入れ方が難しいので、一つ一つ慣れていきましょう。Gadd9のパターンは6弦と2弦を同時に弾く、2弦3フレットをプリング、親指が4弦、人差し指が2弦1フレットをハンマリング・プリング・・・という流れです。一連の動作がスムーズにできるように練習してください。

日高

2016/05/11 17:00 ツツミさん

アコギ

季節が笑う (秦基博)

コードも弾き方も今までよりも難しいです。まずはコードを1ストロークで追えるようになりましょう。それができたら大雑把に曲に似せてストロークします。ここまでがスムーズにできたらアルペジオのパターンで弾いていきましょう。基本の流れは一定なので、コードチェンジで指の流れが崩れないようにします。あとは数か所ある難しいパターンの部分を覚えます。フレーズ的にはもう弾けているので、あとはしっかりフレーズと弾くタイミングを覚えて下さい。今回はかなり本人の弾き方に近いです。難しいですが頑張りましょう。

日高

2016/04/26 13:00 ツツミさん

アコギ

季節が笑う (秦基博)

アルペジオを確認しました。まずは左手が押さえる形を追えるようにしていきましょう。ハンマリングやプリングのポイント、右手の指の動きともにある程度決まっているので、パターンを意識して練習してください。 Am11とD7(9)/Aは4弦の音が半音動くだけで弾く事ができます。A、Dともに開放弦をルートにしているのでコードの形がわかりにくいですが、常に元の形を想定しながら弾きましょう。最後の小節のパターンが少しわかりにくいです。裏拍から同じパターンが二回続いている事を意識してください。

日高