2016/05/24 18:00 モリさん

エレキ

IU FRIDAY

3,1弦を使った6度フレーズはコードとメロディーの中間の様な感じでオカズとして便利です。マイナーコードはペンタで遊べます。ベースのみ動かす例としてDのパターンを紹介しました。逆にベースを固定してコードを動かすパターンもカッコ良いです。天国への階段のイントロも解説します。

太田黒

2016/05/08 18:00 ウエモトさん

エレキ

分数コードは分子を先に押えて、その後5弦か6弦にベースの単音をイメージして必要があればポジションを変えましょう。C/Dの5フレットバレーは1弦の音を出さないので、ピックを1弦に押し当ててストッパー代わりにしましょう。DをキープしてベースをC B B♭と下降させたり遊べます。ベースを変化させる例として、ラルクの虹なども参考になると思います。

太田黒

2016/05/08 19:00 カワノさん

エレキ

SUDDENLY I SEE (KT)

D/CはDフォームから中指を5弦に移動します。中指を1弦と5弦で往復する練習をしましょう。F♯mとBmは両方2フレットバレーです。Gmはバレーフォームで中指を外します。コードチェンジが速いので、少しづつテンポを上げて練習しましょう。

太田黒

2016/01/31 13:00 サトウ(シ)さん

アコギ

TUNAMI (サザン)

アルペジオの前にストロークでスラスラ弾けるように練習しておきましょう。E♭△は薬指の側面でバレーしましょう。1フレットの連続で縦移動する進行は頻出です。短くループする練習と通しの練習を半々ですると効率的です。

太田黒

2015/12/13 11:00 サトウ(し)さん

アコギ

TSUNAMI (サザンオールスターズ)

ベースラインを滑らかにつなぐ時に分数コードを使います。アルペジオの時は右手に集中したいので、前もって左手の練習を十分して余裕を作っておきましょう。コード進行の傾向としてアルファベット下降と縦移動コードは頻出であることを頭の片隅においておきましょう。練習する時は短期記憶で良いので、短いサイズの進行を覚えて練習すると自己分析が出来ます。

太田黒

2015/05/11 19:00 ヤツダさん

エレキ

tetote (androp)

親指で6弦をミュートしたり、分数コードのベースを押えるのが連続しますので、グリップの滑りを助けるためにスプレーを使うと良いでしょう。右手はストッピングのタイミングでダウンストロークを空ピッキングします。ピックの握り方は逆アングルでも良いのでやりやすい方で試してみましょう。

太田黒

2015/03/22 12:00 ヤマカワさん

アコギ

コード理論 車輪の唄(BUMP)

分数コードは左のコードを弾いておくと大丈夫です。こだわった方が良い場合は右の音を単音のベース音として扱います。時々プリントミスで左右逆転している場合がありますので耳を使って判別しましょう。イントロはAメロを繰り返して歌を誘導しても良いし、サビの進行を弾いてからAメロに入っても良いです。右手のサバキは曲の感じが出るようにノリが良いか、しっとりしているかパート別に使い分けると理想的です。add9などのテンションも耳で聞いて好みだったら使いましょう。曲の雰囲気に合っているかどうかが大切です。

太田黒

2015/02/22 12:00 ナカザトさん

アコギ

虹(L’Arc-en-Ciel)

イントロは頑張って原曲どうり弾いても良いしコードストロークでも良いでしょう。5弦のベースが下がって行きますが、コードは1小節づつキープします。Bは5弦をミュートすると人差し指1本の省略フォームも便利です。sus4も混ぜやすくなります。ハンマリングしながら弦移動する場合は、人差し指をキープせずに、1本指づつ歩く様に動かすと弦移動が滑らかになります。次回はフラメンコ奏法を解説します。

太田黒

2014/11/08 13:00 ツルさん

エレキ

ループ&ループ(アジカン)

パワーコードが広がる分数コードが出てきます。小指を使うと広げるのが楽です。音が変化すると思ったら意外と同じ音をキープする場合があります。歌が入ってからはパワーコードの高い方の弦を単音で弾く特集なパターンです。次回はセカンドギターのパートを解説します。好みでいったり来たり自由に出来ると飽きません。

太田黒