2016/09/18 ウエモトさん

ロビンソン(スピッツ)

ロビンソンを近くステージで演奏されるとのことで、全体的にチェックしていきました。
イントロアルペジオフレーズは中音をだす楽器がいない場合は1オクターブ下げるか、コードアルペジオに変更する、ディレイエフェクトをかけるなどして音の厚みを作り出す。などの方法を取っていく必要があると思います。
バッキングは特に問題ありません。リズムキープ難しいところもありますが、歌のグルーブを大切にして、リズム隊に預けられるところは預けていきましょう。ライブ頑張って下さい。

八尋

2016/09/04 18:00~ ウエモトさん

re:birth(acid black cherry)
ロビンソン(スピッツ)

ロビンソンのイントロ、アルペジオの弾き方を見直しました。
Arp-と表記がある所は音を切らさずに常に音が繋がっているかをチェックしながら演奏するようにしましょう。
指を動かす際に別の弦をミュートしないよう注意深く演奏する必要があります。

re:birthのカッティングはピッキングのリズムをキープすることと、ミュートのチャキチャキしたノリを楽しむようにしましょう。良い感じです。

八尋

2016/07/10 17:00 ナガスエさん

エレキ

①基礎練習 ②ロビンソン ③ラスティーネイル

①3本指を5フレット人差し指からスタートする3パターンを練習しましょう。特に1弦から戻るパターンは丁寧に弾きましょう。②サビはイントロのアルペジオに似ていますが少し変化します。小指の部分は瞬間的に押さえましょう。③基礎練習が効いてきます。チョーキングはロックフォームで弾きましょう。

太田黒

2016/05/29 15:00 ミヤザワさん

アコギ

ロビンソン (スピッツ)  愛しのエリー (サザンオールスターズ)

ロビンソンはリズムが崩れないように。しっかりリズムをキープしましょう。メロディの部分は弾き始める前が休符なので、右手を完全に弦の上に置いてしまうと弾きやすいです。エリーのほうはアルペジオは動きを覚えていきましょう。3弦が半音で下がっていきます。コードはF♯mがでてきました。Fmが横に移動したものです。ストロークも8分をダウンで弦を弾き分けるパートが出てきます。右手を上手くコントロールしましょう。

日高

2016/04/04 12:00 ミヤザワさん

アコギ

ロビンソン (スピッツ)

右手ストロークが忙しい曲ですが、パターンはほぼ同じなのでゆっくりのスピードから慣れていきましょう。全部を均等に一生懸命弾く感じでなく、骨格を押さえたらあとは「賑やかし」程度に当たれば問題無いです。イントロのアルペジオは落ち着けばそこまで難しくないです。ピックのパターンに注意してください。D7sus4〜のキメの部分は8分ダウンのみで弾きましょう。チェンジのタイミングは4分でいいです。Bm7が伸びるところではメロディを入れました。「シラソファ♯」です。ファ♯が少し弾きにくいですが、ソを開放で弾いている間にポジションチェンジしましょう。

2016/03/20 11:00 ミヤザワさん

アコギ

雨を見たかい (CCR) ロビンソン (スピッツ)

雨を見たかいはあとはドレミでメロディを入れるだけです。ストローク→弦キャッチの練習をしっかりしておきましょう。右手は完全に浮かせるよりどこかに触れているほうが弾きやすいかもしれません。お勧めは不要弦とボディですが、いろいろ試して自分にあったフォームを見つけましょう。ロビンソンは一気に弾いていきました。D7sus4が絡むキメの展開が早いので、しっかり慣れておきましょう。

日高

2015/01/29 16:00 カノムラさん

アコギ

ロビンソン (スピッツ)

リズムをメインに練習しました。ストロークは全部均等に弾くより、ポイントを押さえて弾きましょう。特に細かいストロークでは力のロスにもつながるので注意です。ブラッシングで曲に合わせる練習などをしておいてください。コードチェンジが速いところでは次のコードを見越して動いていく事が必要になります。Bsus4の段階でB7が押さえられるようにしておきましょう。

日高

2015/01/07 16:00 カノムラさん

アコギ

ロビンソン (スピッツ)

16分のストロークはうまく弾けています。よりしっかり弾くために、拍の頭を足でタップしながら練習するようにしてみて下さい。コードは覚えてしまえば難しくないと思います。手首や肩などをリラックスさせて弾きましょう。Bm7、B7は1音違い、sus4コードは音が一つ半音上がります。形を丸覚えではなく、各コードのどこが半音上がるとsus4になるのかをしっかり覚えていきましょう。

日高

2014/10/12 18:00 ウエモトさん

エレキ

ロビンソン(スピッツ)

C♯7は薬指の指先で弦を捉えましょう。弦が食い込む部分を記憶すると、自然に手全体のフォームが良くなります。一曲とおして左手はミュート、右手でブラッシングを練習すると100%右手のグルーブに集中して練習が出来ます。

太田黒