2018/01/04 13:00 イイダさん

アコギ

花(Mr.Children)

間奏の2/4拍子がなかなかトリッキーとは思いますが、落ち着いて数えることができればそれほど難しくはありません。数える代わりにメロディーを手がかりにするのも一つの方法と思いますので、ご自身やりやすい覚え方で進めてみてください。

四反田

2016/11/05 10:00 ナガタニさん

ソロギター

しるし (ミスチル)

最後まで弾いていきました。転調後がやはり非常に難しくなっています。まずはゆっくりとメロディラインの確認、コードの確認をしていきましょう。Cのフォームで弾いているコードが多いようです。譜面のままだと極端なワイドストレッチになるB♭の音は5弦→6弦に変更した方が弾きやすいです。どうしても難しい部分はメロディを優先させるように考えてみてください。CAGEDはGキーを練習。簡単なメロディをいくつも弾いて、苦手ポジションを克服してください。

日高

2016/10/21 10:00 ナガタニさん

ソロギター

しるし (ミスチル) コード理論

フレーズ、運指が難しいので、もう一度しっかり確認しました。譜面の書き方も独特でリズムがわかりにくいので、気をつけて練習しましょう。技術的にはストレッチが難しい部分があるので、今日やったストレッチのトレーニングを暇なときにやっていってください。譜面を追うだけの練習に時間を割かず、センテンスごとのフレーズをしっかり表現していく練習をしましょう。コードの理論はCAGEDと結びつけて考えていきましょう。まずはよく使うAフォーム、Eフォームをメジャー、マイナー、△7、7thと変化出来るようにしてください。形で覚えず、3度、7度をしっかり意識しましょう。

日高

2016/10/09 15:00 ナガタニさん

ソロギター

しるし (ミスチル) CAGED

CAGEDはだいぶ頭に入ってきました。Fly Me ~ のメロディを可能な限りのポジションで弾いてみましょう。曲は転調前までを採りました。あまりにも弾く時のことを考えていない譜面だったので、Bm7の4弦の音を中心に、不要と思われる音は譜面から削除しました。また、譜面の書き方の問題で同じタイミングで鳴らすはずの音がばらけて表記されています。混乱したらリズムだけでも上の五線譜を見ましょう。一音タブが違っていたのでそこも訂正しています。

2016/03/23 12:00 ウメダさん

エレキ

足音 (ミスチル)

イントロのフレーズとコードを練習しました。アルペジオフレーズはコードを意識して弾きましょう。ハンマリングプリングが入れられるとなめらかに弾けます。ローコードは色々な形がありますので、少しづつ覚えていって下さい。弾けないコードはパワーコードで弾いていって問題ないです。Dm△7の部分はパワーコードの一番下の弦を半音下げて弾きましょう。

日高

2016/02/21 14:00 マツオ(カ)さん

エレキ

足音 (ミスチル)

5弦、6弦の音を覚えつつ、パワーコードで曲を追いかけていきました。ミュートも綺麗に出来ていますので、この調子でどんどん弾いていきましょう。基礎練習でもそうですが、あまり一生懸命な、のめり込むような弾き方をせず、リラックスして軽く楽に弾く事を心がけてください。

日高

2016/02/20 11:00 ウメダさん

エレキ

足音 (ミスチル)

新しい曲を弾いていきます。コードを追うことは問題なくできています。m7(♭5)のみ押さえ方を変えていますので、ここは気をつけてください。あとはリズムの難しいキメのところをゆっくり攻略していきましょう。現在パワーコードを小指メインで押さえているので、左手の負担が大きいようです。無理をせず、少しづつ練習しましょう。可能なら薬指をメインに押さえる方法に変えたほうが良いかもしれません。コードが追えるようになったら少しづつイントロのフレーズなどを真似ていきましょう。

日高

2016/02/13 15:00 ミズノさん

アコギ

everything (ミスチル) コード装飾

ライブ動画からイントロのパターンを練習しました。Gのコードを鳴らしながらGキーの「ファミレミ」を入れて弾いていきます。人差し指を使わずGを押さえていれば難しくないです。このパターンの応用で「青空」のイントロや「鱗」などもできています。GだけでなくD、Aそして少し難しいですがE、Cキーでのパターンも説明したので、これらも練習しておくといいでしょう。他にもいくつかおかずの入れ方を説明しました。少しづつ実践して慣れていってください。

日高

2016/02/09 19:00 モモサキさん

ベース

①WE CAN WORK IT OUT(BEATLES) ②WALKING ON THE MOON (POLICE) ③ES (ミスチル)

①オクターブ奏法は薬指をしっかり曲げて人差し指を伸ばします。指の記憶より、ポジションの記憶。ポジションの記憶より耳の音程の記憶をより所にしましょう。②最初からスコアの細かい部分まで読み取るより、耳で基本ビートを聴いてグルーブの幹を捉えましょう。グルービーにループできる様になったら肉付けなど変化した部分が際立って聞こえてきます。③付点のついた16分3個分の長さは「みかん」など3文字の言葉を使うと楽にとれます。

太田黒

2015/12/24 10:00 ウメダさん

エレキ

ファンファーレ (ミスチル)

単音のフレーズにはゆっくりですが慣れてきています。どの音をどの指で押さえるのかを決めて弾きましょう。プルのスピードも上がってきています。ただ、あまり慌てず、リズムにしっかり合うように練習してください。コードは書き出して進めました。複雑に感じますが、追ってみるとそれほど複雑ではないです。くって変わる部分をしっかり弾きましょう。

日高