2016年 8月21日 16:00 サトウさん

アコギ

◎Top of the world
◎コードアルペジオ
◎ベースライン

Top of the worldのイントロやAメロに入る前などにベースラインが動いているので、そこを弾いてあげると曲の雰囲気がもっとでるので、練習をしてみてください!コードの種類に関しては大丈夫だったので、右手の意識とコードチェンジのタイミングを意識してみるともっとよくなると思います。基礎練習の単音引きなどは1音1音しっかり鳴っているので、意識しつつテンポを上げてみてください。BPM120くらいまでいけると、ある程度の曲には対応できるので頑張ってみてください!

小吹 日高

2015/08/19 17:00 イワモトさん

エレキ

①ウォーキング・ベース (ブルース、枯葉) ②ダイアトニックコード

①5弦ルートでは6弦に5度があります。4拍目はクロマチックアプローチする方法を練習しました。慣れたらスケールとクロマチックを混ぜて4音で次のルートに着地する作り方もあります。②マイナーキーであってもディグリーネームは見慣れたメジャーキーの記号で理解した方が統一感が出ると思います。Ⅵmに着地すると覚えておきましょう。コード進行は隣同士と縦移動が良く出てきますが、基本的に自由です。ドミナントの時は縦移動が多くなります。

太田黒

2014/10/08 17:00 ウシオさん

JAZZ

L-O-V-E

コードは6弦ルートのディミニッシュも覚えましょう。2弦を省略する場合はm6と同じです。ベースラインはルート中心で4拍目に次のコードに対するリーディングノートをクロマチックで入れます。前回はワルツでしたが、この曲は4拍子なのでカウントを4で意識しながら練習しましょう。

太田黒