2016/2/20 10:00 マスダさん

アコギ

lovin’ you (ジャネット・ケイ)

セーハコードのシステムと横移動時のルートの把握がだいぶスムーズになりました。繰り返し考えて使用することで自然に把握できるようになるので、今後セーハコードを弾くたびに考える癖をつけましょう。今回はコードが順次進行して上昇する部分のアレンジを中心に考えていきました。Bm7→C♯m7→D△7と上昇してきてコードがBm7に戻ります。が、せっかくの上昇していく流れを止めたくないので、6弦7フレットのBm7を使ってみましょう。同じBm7での違う流れを感じると思います。このパターンはイントロにも使われていますので、これでイントロを合わせてみてください。今後は一つのコードが書かれていても複数のポジションから選択できるようにしていくのが目標です。

日高

2016/02/07 17:00 マスダさん

アコギ

lovin’you (ジャネット・ケイ)

横移動のための音の把握はだいぶできてきました。ただ、実際にコードを弾く時になるとルートの意識が希薄になるので、まずはゆっくりでよいので「ルート→コード」と段階を追って押さえていきましょう。コードのM3rd、m3rd、7th、△7thの音が曖昧なようなので、これもコードの形ではなくルートからの位置をしっかり覚えてください。あとはセーハの押さえ方が少し手首に負担をかけていたので指を曲げて、その分手首を曲げすぎないようにしましょう。

日高

2016/1/26 10:00 タダクマさん

アコギ

lovin you (ジャネット・ケイ)

ドレミでメロディを弾く練習では、ポジションを確認したら知っているメロディを色々弾いてみましょう。曲練習では横移動をやっています。ルートの音がどこにあるのかをしっかり考えながら練習してください。最後のA△7は人差し指を使わずに押さえると繰り返しのD△7に戻りやすいです。横移動の場合に有効なので覚えておきましょう。

日高

2016/1/09 18:00 タダクマさん

アコギ

雨を見たかい (CCR)  ラヴィンユー (ジャネット・ケイ)

雨をみたかいではメロディを入れること、タカターンという装飾的な16分のリズムに慣れることを意識しましょう。メロディはドレミの練習をしているので、覚えてしまえば弾けるとおもいます。慌てずに単音のフォームへ切り替えるようにしましょう。リズムはどのようなパターンがきても身体がとっている流れが狂わないように。2拍と4拍のアクセントを意識するとより良くなります。ラヴィンユーでは横移動とセーハコードの仕組みを覚えていきましょう。

日高

2015/12/29 11:00 マスダさん

アコギ

ラヴィンユー (ジャネット・ケイ) コード理論

コードを横移動させていくための基礎知識を練習しました。まずは5,6弦の音をアルファベットで理解することが大事です。最初はわかるところから数えていいですが、最終的には一目で把握できるようにしましょう。そこから基礎のフォームを元に、マイナー、マイナー7th、△7th、とコードを作っていきました。マイナーとつく場合は3度が下がっていることなどをしっかり確認してください。今後横移動が多くなると思いますが、これらは一度身につけば同じフォームのコード全てに有効なので、頑張って覚えておきましょう。

日高

2015/08/01 16:00 タカスさん

アコギ

lovin’you (ジャネット・ケイ)

コードを横移動させつつ、△7を使ったおしゃれ進行を弾いてみました。この曲のD△7はローコードでも弾けますが、セーハを使うことで滑らかに下っていくアレンジが可能です。また軽くカッティングするアレンジなので、A△7まで下がってローコードになる事を避け、6弦ルートの△7を使うアレンジもしました。一見ポジションと一緒に音が上昇するように思えますが、1弦をミュートすることでトップノートは下りを維持できます。今日やった3度と7度の位置とメジャー、マイナーの表記の規則がわかれば、かなりのコードに対応できるようになるので、時間をかけて取り組みましょう。

日高

2015/02/28 13:00 サカモトさん

アコギ

Lovin’ You  (ジャネット・ケイ)

ストロークと横移動を意識して練習しました。まずは横移動時のコードネームに合わせて、素早く6,5弦のルートが出てくるようにしましょう。C♯などはCの一つ上がったもの、Dの一つ下がったもの、両方として認識できると弾きやすいです。Bm/Eコードは7フレットセーハで。6弦はミュートします。コードがBm,C♯m,D△7と上昇してくるので、元の2フレットのBmに戻らないように注意です。コードとしては間違っていませんが、流れを崩してしまいます。

日高