2016/12/20 20:00 ゴトウダさん

エレキ

シシーストラット アドリブ ペンタフレーズ

ペンタのフレーズをコピーしていきました。ポジションを覚えただけではなかなか上手くアドリブすることができません。上手い人のプレーを弾いてみて、小さいフレーズを覚えましょう。今日やったフレーズは難しいものが多いですが、技術的に弾けないものではないです。16分音符一つ分食って入る、16分音符と8分のタイ、3連など、リズムに気を付けて演奏しましょう。いつも言っていますが、譜面が読める事よりフレーズを歌えることがより重要です。特に♭5の音程と使い方に注意して下さい。

日高

2016/12/13 20:00 ゴトウダさん

エレキ

シシーストラット ペンタフレーズ

ペンタのフレーズをコピーしつつ、自分で使えるようにするトレーニングをしました。コピーしたフレーズをそのままにせず、順番や長さを入れ替えてみましょう。フレーズの入りや着地点を意識すると同じネタが大きく変わります。長いフレーズの練習はテクニックの練習にはなっても自分のフレーズにはなりにくいので、7対3くらいの割合で短いフレーズの練習をしましょう。あとはリズムを常に意識して、頭の中に浮かんだ音を再現するようにしてください。

日高

2016/11/21 20:00 ゴトウダさん

エレキ

アドリブ シシーストラット

テーマはしっかり弾けています。そのノリでアドリブも弾きましょう。音数を減らしてリズムに集中した練習をしてください。リズムがしっかり意識できたら音数を徐々に増やし、モチーフの練習に進みます。モチーフはなるべくシンプルなものを変化させて弾きましょう。色々なモチーフと展開をやってみましたが、すべてはノリとリズムありきです。ロックギターのフレーズなどは手癖になるまで弾くのが大事なので、コピーしたフレーズも今回のようにリズムを変えたり展開したりして覚えて下さい。

日高

2016/11/15 20:00 ゴトウダさん

エレキ

アドリブ シシーストラット ペンタ

ペンタをうまく使って弾いていきましょう。長いだらだらしたフレーズにならないように、短いフレーズをリズムに乗って弾くことを意識してください。ペンタでスムーズに弾けるようになってきたら、6thと9thを入れてドリアンへ発展していきます。フレーズを聴かせる、締める感覚はだいぶ身についてきました。

日高

2016/11/08 20:00 ゴトウダさん

エレキ

シシーストラット アドリブ ドリアン トライアドアプローチ

シシーのテーマは覚えました。出だしが拡張ペンタの部分を使っていますので、しっかりポジションを確認しましょう。アドリブはペンタを中心にドリアンスケールを使ってみました。常にペンタを意識しながら弾くと自然な歌いまわしができるのはメジャースケールの時と共通です。あとはフレーズをしっかり終わらせる、モチーフを聴かせる事を意識しましょう。トライアドがだいぶ弾けるようになっていたので、アドリブソロにも取り入れて下さい。

日高

2016/11/01 20:00 ゴトウダさん

エレキ

シシーストラット アドリブ

ブルースやファンクを演奏していきましょう。まずはマイナーペンタ一発の定番から覚えていきます。C7一発の時、ブルースの頭がずっと続いていると考えてCマイナーペンタで弾きましょう。まずはテーマを採ってみてください。Aメロはペンタ、BメロはC7コードトーンでのフレーズと考えると弾きやすいです。テーマのフレーズはそのままアドリブなどのネタになります。できれば覚えてしまいましょう。ペンタで弾ける様になったら、ペンタ以外の色々な方法でアドリブを弾く練習をしていきます。

日高