2015/07/01 11:00 タナカさん

ボサノヴァ

コード理論

5,6弦の音はだいぶ頭に入りました。この調子で数えなくても出てくる場所を増やしていきましょう。3weyのコードはだいぶディグリーを理解できています。ですがセーハ形のほうがわかっていなかったので、もう一度しっかり解説しました。セーハ形は基本が「151351」です。これは6,5,4弦のどれがルートでも一緒です。まずはここをしっかり頭に入れて、変化したコードがでてくる度に、確認するように気を付けて下さい。毎回確認していればすぐに覚えてしまいます。

日高

2015/06/18 11:00 タナカさん

ボサノヴァ

コード理論

コードを少し遡って基礎から復習していきましょう。曲は自分で練習できるくらいになったのですが、どうしてもただ譜面を追うだけになってしまっています。まずは基礎的な3wayの押さえ方で6弦ルート、5弦ルートのコードどちらでも押さえられるようにしてください。この時テンションは入れず、指動きで覚えないように、しっかり「ルートの位置」プラス「コードの形」という認識で押さえましょう。3wayでの△7、7th、m7の変化もすぐにどこが何度の音かわかるように考えながら弾いていってください。

日高

2015/06/16 11:00 タガワさん

アコギ

コード理論

前回説明した数字での理解を、コードにあてはめて考えてみました。コードのルートを1度として、3度、5度で三和音、これに4度が加わると四和音です。3度と7度にはそれぞれ「長、短」があり、3度が長三度ならメジャーコード、短三度ならマイナーコードになります。この段階ではコードネームにはG,Gmのように「メジャーのコードにはメジャーという言葉をつけない」事も覚えておきましょう。7度が長七度だと△7、短七度だと7thがさらに加わります。まずはこれらでできる6個のパターンをしっかり把握してください。

日高

2015/03/22 12:00 ヤマカワさん

アコギ

コード理論 車輪の唄(BUMP)

分数コードは左のコードを弾いておくと大丈夫です。こだわった方が良い場合は右の音を単音のベース音として扱います。時々プリントミスで左右逆転している場合がありますので耳を使って判別しましょう。イントロはAメロを繰り返して歌を誘導しても良いし、サビの進行を弾いてからAメロに入っても良いです。右手のサバキは曲の感じが出るようにノリが良いか、しっとりしているかパート別に使い分けると理想的です。add9などのテンションも耳で聞いて好みだったら使いましょう。曲の雰囲気に合っているかどうかが大切です。

太田黒

2015/01/30 17:00 モモサキさん

エレキ

コード理論

3notesは左手でコードの様に同時に3本指で押さえる練習をしておくとスムーズです。Fフォームは人差し指の肉がある所で1、2弦を押さえると軽い圧力で綺麗に鳴ります。人差し指をネックの上に出すと丁度良いです。5、6弦ルートの汎用フォームとローコードを覚えました。2弦のみ想定より低い音が出るので、欲しい音を出すために1フレット右にズラして調整します。

太田黒

2015/01/04 19:00 マスダさん

アコギ

アイ (秦基博)  コード基本

コードの基本は各コードトーンを「ルートからどのくらい離れているか?」で考えることになります。今日はルートと3度の関係を説明しました。ルートの位置が決定されると、自動的に3度の位置も決まります。3度が長3度の場合はコードはメジャー、短3度の場合はマイナーになります。曲のほうはカポなしDと2カポのCの違いなどを説明しました。たとえ押さえ方が違ったり、ストロークで弾いたりする場合でも、原曲に似せていく事は出来ます。そのためにも多くの曲を弾いて、色々な弾き方に慣れておきましょう。

日高

2014/12/30 9:00 マスダさん

アコギ

コード理論

今回はローコード以外のコードを押さえて行くために、基礎となるコード理論の話を中心にしました。ギターは全て半音で音が並んでおり、開放弦を含まない場合は横移動可能なのですが、それが「何故そうなのか?」と気になる場合は理論的な理解をしておきましょう。今日は「コードネームが同じ場合は、コードの構成音のルートからの相対的な距離は同じ」という事と、「コードのメジャー、マイナーを決定するのは3度」という事を説明しました。ルートから3度までに半音を含まないのが「長3度(メジャー3rd)」、半音を一つ含むものが「短3度(マイナー3rd」です。まずは基本的な6弦ルートのコードの3度の位置をしっかり覚える事からはじめてみて下さい。

日高