2015/08/12 17:00 カミカワさん

エレキ

①ギャロッピング ②ニシヘヒガシヘ(ミスチル 近藤バージョン)

①ブルース進行で練習すると良いでしょう。テクニックはどんな曲にでも応用できます。トップノートが表と裏のタイミングがあるので、親指と同時がズラすかを明確にしながら練習しましょう。 ②3フレットのGマイナーペンタ+αでおかずを入れながら弾いています。まずはペンタがスラスラ弾ける様に手癖にしておきましょう。ゆくゆくはアドリブで使える様になります。

太田黒

2015/05/29 20:00 ウシオさん

エレキ

①ラブソング(オカモトズ)②ギャロッピング ③カントリーラン

①4分の部分は2拍4拍の部分だけ弾く場合もダウンのみで弾きましょう。裏っぽいですが、4分なのでダウンで大丈夫です。②12フレットコードはストレッチの練習になります。シャッフルでも弾けると理想的です。③常套句を使ってフルピッキングを鍛えましょう。A D E Aの循環に合わせて平行移動しましょう。

太田黒

2015/04/27 20:00 ウシオさん

エレキ

①ロカビリー奏法  ②BLUES SHUFFLE SINGLE

①ギャロッピングです。コードストロークの部分はしっかりハネるリズムを出しましょう。  ②ストレートに弾くとロックンロールぽくなり、シャッフルで弾くとブルージーになります。アドリブソロを上から乗せられてもビートがキープできる様にしましょう。

太田黒

2015/04/20 20:00 ウシオさん

エレキ

ロカビリー奏法

ブライアンセッツァーのようなフレーズを練習しました。ベースラインがルートと5度かルートのオクターブでいったりきたりするギャロッピング奏法は右手の弦移動を無意識でできる様にすりこみましょう。コード進行はブルースと同じです。ギターらしいギャロッピングとビッグバンドのホーンセクションの様なコードの組み合わせです。

太田黒

2014/10/26 16:00 ヨシタケさん

エレキ

①ROCK THIS TOWN (BRAIN SETZER) ②CARAVAN

①ギャロッピングを混ぜて弾く練習をしました。5フレットA7は連続すると左手が疲れるのでEのローで開放を多用して右手に集中しましょう。ブルースなどにも当てはめることが出来ます。②8フレットC7の省略コードをキープしてメロディーを混ぜます。音のイメージとポジションを直感で結びつく様にゆっり音を探しましょう。

太田黒

2014/10/11 15:00 ヨシタケさん

エレキ

ROCK THIS TOWN (BRIAN SETZER)

コード

ギャロッピングに挑戦しました。最初は親指を同じ弦に限定して練習します。高音弦を表と裏を混ぜて基本パターンをしっかり練習しましょう。慣れたら1弦を2弦を往復しながら裏表のタイミングで弾きます。知っている色んなコードに当てはめて、いつでもギャロッピングに突入できるとセッツァーっぽくなります。さらに余裕が出てきたら低音弦も往復させます。次回解説します。まずはタブ譜を見ずにコード進行のみ覚えてしまいましょう。歯切れの良いカッティングならハイポジション、伸びやかな響きを出したいならローコードで弾きます。単音リフ、パワーコード、テンションコードのカッティング、アルペジオ、ギャロッピング、オブリガートを自由に使い分けられる様に遊んでみましょう。

太田黒