2016年 8月21日 11:00 スミカワさん

エレキ

◎アヴリルラヴィーン
◎I can do better
◎Girlfriend

指は動いているので、リズムをしっかりと乗りながらできるとベストです!パワーコードもストロークもしっかりと鳴らせているので、次の課題曲のGirlfriendに生かしながら取り組んでみてください。アドリブですが、基本は曲のキーを把握できるとスケールを使えばある程度は可能になるので、そこにリズムや表現を付け加えられるようになれればベストです。

小吹 日高

2016/05/12 15:00 アベ(ナ)さん

エレキ

i can do better (アヴリルラヴィーン)

パワーコードは上手く弾けています。ミュートに気をつけてもう少し慣れていきましょう。今日は新しくオクターブ奏法を練習しました。押さえ方はパワーコードに近いのですが、下の弦がさらにもう一つ下がります。これで押さえている二つの弦が1オクターブの関係になり、結果メロディが弾けるようになります。まずは曲のキーであるCのドレミ(メジャースケール)を横に展開して覚える事から始めましょう。ストロークは今はワンストロークでいいです。

日高

2016/03/26 12:00 マツモトさん

エレキ

girl friend (アヴリル・ラヴィーン)

引き続きリズムの練習をメインにしていきました。Bメロのコードを伸ばす部分は問題ないですが、サビのストロークで空振りが出来ずリズムが狂ってしまいます。右手を一定に動かす感覚をしっかり覚えましょう。ここさえ身につけば一気に先に進めると思うので頑張ってみてください。今回後半はだいぶしっかりリズムが取れました。メトロノームでの練習は上手くなっても多くの人が続けています。良いリズムで弾ける、という事は一番の技術です。

日高

2016/02/13 14:00 ヤマザキさん

エレキ

the best damn thing (アヴリル・ラヴィーン)

ローコードの練習を中心にやりました。Bmは中指が2弦です。1弦においてしまうことが多かったので気をつけましょう。Gはルートを薬指で押さえます。小指を1弦に持っていくのは大変ですが、指の独立の練習と思ってください。Dは1〜3弦で右向きの三角を作ります。6弦はミュートしましょう。Aは2〜4弦を指3本または人差し指一本で押さえてください。6弦はできればミュートを。

日高

2015/09/29 19:00 ヨシダ(ア)

エレキ

I CAN DO BETTER  (アヴリル・ラヴィーン)

パワーコードを押さえるスピードがだいぶ早くなりました。もう原曲のスピードで練習できそうです。時々ミュートが外れるので、ミュートをしっかり意識してください。基礎練習では食ってコードチェンジをしています。右手の動きがコードチェンジに釣られないように気をつけて練習しましょう。次回はオクターブ奏法をやってみたいと思います。

日高

2015/09/05 13:00 ヤマザキさん

エレキ

パワーコード  i can do better(アヴリル・ラヴィーン)

パワーコードは強く押さえず、まずは横に自然に移動できるように練習していきましょう。人によって意外な部分の筋肉が弱くなっている事があります。力を入れていないのにすぐに筋肉が疲労するような場合は、力を入れずにその筋肉をゆっくり動かすところから始めてみましょう。コードが弾けてきたので曲に入ります。パワーコードC、F、Gをタイミングよく変われるように練習してください。

日高