2016/10/31 12:00 セグチさん

アコギ

真夏の果実(サザンオールスターズ)アルペジオ

ピックでのアルペジオは無駄な動きを作らずになるべく滑らかに弦を移動するよう意識して練習をしてみてください。基本的な部分はできていますので、各弦の位置を体に馴染ませるように繰り返し練習していきましょう。

四反田

2016年 10月29日 11:00 スミカワさん

エレキ

◎コードストローク
◎Cコード
◎リズム

単音弾きはかなり上達してきています。今はほとんどダウンで弾かれていますがオルタネイトピッキングも練習してみると更に良くなると思います。Cコードが鳴りにくいとのことでしたが、ひとつひとつの指を確認しながら押さえてみてください!どこの弦がビビっているかなどがわかります。ストロークに関してはしっかりと振れるようになっていたので、意識して続けてみてください!

小吹

2016/10/19 19:00 マツオさん

エレキ

アルペジオ アドリブ

5弦、6弦ルートの基本的なアルペジオと、それを使ったアドリブの練習をしました。C△7→Dm7→G7→C△7のようなコード進行でどのようにアルペジオを使うのかを覚えていきましょう。速いスピードなら一気に2オクターブ弾くのもフレーズとしてかっこいいですが、いつもそのようなフレーズだと変化がないです。小さなブロックとして使えるようになりましょう。また、C△7でEm7、G7でDm7など、違うアルペジオを弾くパターンも練習しました。Em7、Dm7の二つだけで弾いてみたり、色々試してみてください。

日高

2016/10/16 14:00 ハマモトさん

アコギ

白い雲のように (猿岩石) アルペジオ アレンジ

ライブのための弾き語りアレンジを練習しました。スケールについては今まで練習したよく使うポジション以外のポジションも使ってみましょう。もう自分で図に描いて考えることは出来るようになっているので、あとはどんどん使って自分のものにしてください。カポの位置を変えた二台のギターのアレンジなので、相手のフレーズに合わせてこちらが変化するくらいの余裕が必要です。アルペジオの基本パターンをメインにストロークを入れたりメロディを入れたり、二人でリハをしながら工夫してみてください。クリシェ部分はアルペジオ担当のほうが楽です。最後ベース音が5弦に来るときは4弦をスキップします。気をつけましょう。

日高

2016/09/18 ウエモトさん

ロビンソン(スピッツ)

ロビンソンを近くステージで演奏されるとのことで、全体的にチェックしていきました。
イントロアルペジオフレーズは中音をだす楽器がいない場合は1オクターブ下げるか、コードアルペジオに変更する、ディレイエフェクトをかけるなどして音の厚みを作り出す。などの方法を取っていく必要があると思います。
バッキングは特に問題ありません。リズムキープ難しいところもありますが、歌のグルーブを大切にして、リズム隊に預けられるところは預けていきましょう。ライブ頑張って下さい。

八尋

2016/09/06 19:00~ モリさん

CHEER UP(TWICE)

ついにサビまで来ましたね。次回からはイントロ〜サビまで通して弾けるよう、演奏を作り上げていきましょう。
指弾きは音量差がつけやすいのでその特性を生かして、演奏を作っていくことを心がけましょう。
プリングは音程が乱れるので、指を引っ掛けずにまっすぐ持ち上げるように離しましょう。

八尋

2016/09/04 18:00~ ウエモトさん

re:birth(acid black cherry)
ロビンソン(スピッツ)

ロビンソンのイントロ、アルペジオの弾き方を見直しました。
Arp-と表記がある所は音を切らさずに常に音が繋がっているかをチェックしながら演奏するようにしましょう。
指を動かす際に別の弦をミュートしないよう注意深く演奏する必要があります。

re:birthのカッティングはピッキングのリズムをキープすることと、ミュートのチャキチャキしたノリを楽しむようにしましょう。良い感じです。

八尋

2016/08/21 18:00 ウエモトさん

エレキ

アルペジオは右手の絶対的な位置を徐々に直感でつかめる様にしていきます。最初から安定を狙うと動きが固くなるし、正解を探すプロセスを踏めません。安定ではなく、予想して探してみる感覚で勧めましょう。徐々に直感と一致してきます。

太田黒

2016/8/17 モリさん 

アコギ

CHEER UP (TWICE)

Gキーでの開放弦を含むフォームでのスケール練習をしました。
ソロギターの曲を弾く際はメロディの音を繋げることを一番に考えましょう。だんだん綺麗な音が出始めてます。プリングする時にも音が途切れないように気をつけましょう。
だんだんコードチェンジがスムーズになってきてます。
Bメロからバレーを含むコードが入ってきますので、人差し指以外の指が分離して動くよう次回から練習していきましょう。

八尋

2016/8/9 13:00 セグチさん

アコギ

真夏の果実(サザンオールスターズ)アルペジオ
桜坂(福山雅治)アルペジオ

基礎練習については問題ありません。左手はしっかり押さえられているので音が綺麗に鳴っています。
ピックでのアルペジオはR,3,2,1を外さないように、安定した右手の位置や弦の弾きかたを意識してみてください。右手首を浮かせたり、ブリッジ付近に置いたりする奏法は人それぞれなので自分に合った奏法を見つけましょう。