2016/04/13 14:00 キノシタさん

アコギ

栄光の架け橋 (ゆず) 鱗 (秦基博)

ギターの音を音名で覚えて、それをオンコードなどに応用する練習をしました。オンコードは丸覚えよりも、意味を理解して弾きましょう。G→D/F♯→Emなどは「ベースが滑らかに下るアレンジ」という事です。A→A♯dim→Bmも似たようなアレンジです。A♯dimを挟む事で「ベースが半音で上がる」ラインができます。コードとしてはA7を押さえてルートAをA♯に上げたものと考えると形がでてきやすいです。栄光の架け橋は譜面のコードでも動画のほうの弾き方でも構いません。(動画のほうが若干簡単にアレンジされています)ただ、ストロークが単調なので、次回そこを工夫していきましょう。

日高

2016/03/29 15:00 キノシタ(キ)さん

アコギ

栄光の架け橋 (ゆず)

譜面を書き出して流れを意識して弾いていきました。セクションを理解して弾いていけば、次に進む場所に応じてコードが変わっているのがわかると思います。繰り返し記号などの理解は大事ですが、どのような構成でどのセクションに進んだのかを常に意識しましょう。コードはonコードを中心に説明しました。ここをしっかり理解するために、まずは3フレットまでの6,5,4弦の各音をアルファベットで覚えてみてください。

日高

2016/03/10 16:00 キノシタ(キ)さん

アコギ

栄光の架け橋 (ゆず)

onコードの説明をしました。例えばConGの場合、CのコードでGの音がベースにきます。ConGのようなよく使うものは丸暗記で大丈夫ですが、色々な可能性があるので、指示されている内容を理解できるようになりましょう。あとはリズムが正確になっていけば、よい演奏ができます。

日高

2016/03/09 18:00 タニグチ(ミ)さん

アコギ

栄光の架け橋 (ゆず)

キメのリズムを中心に練習しました。Csus4→Cの部分のリズムは結構難しいです。前の小節から入ってきているので最初のCsus4が少し長いことに気をつけましょう。Am→Am7onG→DonF♯もリズムに気をつけて弾きます。今より少し後ろでチェンジするつもりでいましょう。DonF♯はD7onF♯にしたほうが押さえやすいです。

日高

2015/12/28 9:00 ワタナベさん

アコギ

夏色 (ゆず)  when you are gone(アヴリル・ラヴィーン)

夏色は右手の動きは良くなりましたが、身体が取っているリズムそのものがブレてしまっています。メトロノームを使った練習と、曲に合わせて拍をとる練習をしっかりやっていきましょう。新しい曲はイントロでDのアルペジオに挑戦しましょう。Dsus4になってDに戻る動きです。その前のピアノフレーズも採ったので、時間あれば挑戦してみてください。コードはC♯m7(♭5)が新しいです。C△7と比較して覚えてしまいましょう。

日高

2015/12/24 9:00 ワタナベさん

アコギ

夏色 (ゆず)

16分のストロークはだいぶ理解できてきました。まだ時々右手が不規則な動きになってしまうので、一定の動きを心がけましょう。拍が少し狂ってしまうので、今日はスピードを落として練習しました。メトロノームを使い、どこが拍の頭なのかを冷静に判断してください。スピードが上がっても合わせるポイントがわかったので、リズムがしっかりしてくると思います。

日高

2015/11/30 10:00 ワタナベさん

アコギ

夏色 (ゆず)

フレーズによってリズムが崩れてしまうことがあります。どんなフレーズも拍を取りながら弾けるようになりましょう。また、全体的に少し走ってしまうので、流れてしまわないように注意です。最後のアルペジオはCのコードに向かって「ファミレド」と下がっているだけです。ドレミを覚えれば簡単なので、徐々に基礎練に取り入れていきましょう。

日高