2018/11/10 15:00 クボさん

アコギ

◎フィンガリング ◎ストロークver1.1、1.2
◎「ロビンソン」スピッツ

ストロークが細かいのでいい意味でラフにというか、力の抜きどころを作ってあげることが大事です。アップのタイミングでやや引っかかり、そこからペースを崩しているように見えます。ピックの角度と振りぬく軌道を修整しましょう。
ダウン・アップ共に良い角度を追及していくと、ピックは弦の並びに対して垂直に起きることになります。腕の振りもボディに突き刺さるような斜め軌道ではなく、弦の並びに対して平行な軌道を描くようにしてみてください☆

野口

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中