2018/09/22 17:00 クボさん

アコギ

◎フィンガリング ◎ストロークver1.1、1.2
◎「ロビンソン」スピッツ

ストロークは徐々に安定してきましたが、付点の休符がまだ苦手なようです。頭の中でしっかり8分音符を意識しながら「1.5」を待てるようにしましょう。
「ロビンソン」構成自体は難しくないのでとにかくコードの流れを少しでも覚えましょう。似たようなコードが多いので視覚に頼りすぎるとスムーズに繋がりません。右手の強弱はある程度余裕ができてからで構いませんが、つけるのであればもう少し右手をリラックスさせて柔らかくストロークするようにしてください。手首に角度をつけすぎず、腕全体を使えるようにしましょう。
右手の置き所から考えるのではなく、ピックを当てる位置から逆算して右手の置き所を決めましょう☆

野口

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中