2018/06/30 16:00 オオタさん

エレキ

◎フィンガリング ◎ロックリフ
◎オクターブ奏法 ◎「ルパン三世のテーマ ’78」

何を弾くにも言えることですが、特に単音カッティング等の細かいフレーズや速いフレーズは左右の完璧な連動が大事になってきます。些細なことが左右のズレに繋がるの注意してください。ミュートをするときは別として、基本的に余計な指はフレットに残さない(押さえっぱなしにしない)ようにしましょう。それだけで他の指の自由度が上がり、右手とタイミングが合いやすくなります。
オクターブ奏法は右手のアップを意識してください。慣れないうちは一つ上の余計な弦まで弾くつもりで右手を引き上げましょう。慣れてきたらその振り幅を小さくするだけでOKです。
「ルパン~」ソロフレーズは最小限の横移動で済むよう、「ブロック」で考えましょう。各指の担当フレットをイメージするとあまりバタバタせずに弾くことができます☆

野口

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中