2018/03/23 19:00 オオタさん

エレキ

◎フィンガリング ◎ロックリフ
◎「You’d be so nice to come home to」

全体の流れは見えてきたかと思います。リズムがハネている曲なので、裏拍で入るバッキング(「ンチャッ」ってやつ)をいかにかっこよく入れられるかがカギです。これは音量を出すというよりもハネているニュアンスを出すものなのでついでのように、癖のようにさりげなく出せると良いです。
とにかく運指にこだわって何度も反復してください。漠然と追うのではなく、コードの意味やなぜそこのポジションなのか等を考えながら進めると更に曲が「見えて」きます☆

野口

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中