2018/03/16 18:00 ムラノさん

アコギ

◎フィンガリング ◎ストロークver1.1
◎「time after time」シンディローパー

弾くときに身体の構造を意識できると楽になります。左の肩、肘、手首、中指のラインに変な角度がつかないように。できるだけまっすぐにして弾きましょう。親指は人差し指の真裏ぐらいですがあくまでギリギリのラインです。それよりも内側に入らないように。手をブランとさせてそのままネックにもってくるイメージです。
フィンガリングは指を離して弾けるようにしていきましょう。残して弾くのが悪いわけでなく、目的が違います。それぞれを練習できるといいですね。
「time~」全体的に少しずつ良くなってきています。あとは繰り返しなので譜面の追い方を覚えましょう。サビのキメは人差し指の音を確実に出せるようにしてください☆

野口

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中