2018/01/13 15:00 ムラノさん

アコギ

◎「time after time」シンディローパー

Fを押さえるときは、人差し指のド真ん中よりもやや側面に近いほうで押さえるとうまくいきます。
右手はピックの角度に注意しましょう。ダウン方向に倒しすぎるとダウンは楽ですがアップのときに引っかかりやすくなります。ダウンとアップとできるだけ同じ条件にしようとする、つまりピックを垂直に起こして振り抜くようにするとスムーズに弾けます。
常にピックの角度は意識するようにしてください。曲のイメージを掴むためにも全体を通して聞いてみましょう☆

野口

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中