2017/12/13 17:00 クリハラさん

アコギ

tears in heaven (クラプトン)

弾き語りのタイミングの難しい部分のコツを解説しました。ギターソローの部分は低音を入れるとソロで成立します。タイミングが微妙にタメている部分は、素直なリズムでまずは練習しましょう。スライドは音を繋ごうと思いすぎると摩擦が強くなってしまいます。最初は、多少音が掠れても良いと思って慣れましょう。

太田黒

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中