2017/10/13 19:00 オオタさん

エレキ

◎「フライミートゥザムーン」
◎コード理論

二段目のDm7からE7へは行きづらいと思うのでコードの頭を少しボヤかすというか、カーンと強く弾くのではなくタララーンと柔らかく弾くとタイミング的にも余裕が出ます。
コードの成り立ちを説明しました。まずは度数(ディグリー)と各コードがどういう構成音なのかを把握していきましょう。
メジャーセブンス、マイナーセブンスと言った場合に「メジャー」「マイナー」がどこにかかる言葉なのかかなりややこしいので、完全に理解できるまで何度も復習してください☆

野口

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中