2016/10/21 10:00 ナガタニさん

ソロギター

しるし (ミスチル) コード理論

フレーズ、運指が難しいので、もう一度しっかり確認しました。譜面の書き方も独特でリズムがわかりにくいので、気をつけて練習しましょう。技術的にはストレッチが難しい部分があるので、今日やったストレッチのトレーニングを暇なときにやっていってください。譜面を追うだけの練習に時間を割かず、センテンスごとのフレーズをしっかり表現していく練習をしましょう。コードの理論はCAGEDと結びつけて考えていきましょう。まずはよく使うAフォーム、Eフォームをメジャー、マイナー、△7、7thと変化出来るようにしてください。形で覚えず、3度、7度をしっかり意識しましょう。

日高

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中