2016/10/18 11:00  ヨシノさん

アコギ

あそぶおとな (秦基博)

ピックを持つ右手も、弦を押さえる左手も、もう少し脱力して弾きましょう。十分に鳴るポイントに指を置いているのに、ピッキングの瞬間に弦を押し込んでしまっています。無駄のない押弦をしましょう。曲は最後まで弾き切りました。B♭△7のコードが難しいですが、使えると幅が広がります。ルートの位置を明確に。最後のほうの繰り返し前にブレイクがあります。ブレイクでしっかり拍をキープしましょう。曲は流れていっているので、身体はノリ続けて下さい。だいぶ知識と技術がついてきたので、これからはコード内の音をディグリーで理解して、よりギターを自由に使えるようになりましょう。

日高

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中