2016/09/25 14:00 キタムラさん

アコギ

more than words (EXTREME)

タブ譜より先にコードネームでざっくりと進行を把握しながら弾く方が骨格がつかめて応用が効きます。右手の細かいバリエーションはシンプルで統一した弾き方を最初は練習しておき、変化をつけたくなったらベースを抜いたりトップの弦を1弦や2弦にして使い分けましょう。

太田黒

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中