2015/11/22 13:00 マツモトさん

エレキ

i can do better (アヴリル・ラヴィーン)

右手を肘から使いましょう。リズムに合わせて落とすイメージで。コードは同じ弦を押さえてしまわないようにします。右手の弾く力、左手の押さえる力、ともに強すぎるようなので、基礎練などで力が抜けるように意識してください。オクターブ奏法はミュートをしっかり意識。まずはドレミの位置を覚えてからフレーズを弾いていきましょう。

日高

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中