2015/11/19 11:00 タナカ(チ)さん

ボサノヴァ

テンションコード

コードとテンションの関係について説明していきました。まずはそれぞれのコードに入れていい代表的なテンションを覚えましょう。7thコードは状況によって入るテンションに違いがでます。マイナーコードには9thを入れないほうがよい場合があるなど、難しい部分にも少し触れました。コードにとっての9thが、コードトーンやスケールにとってどのような音なのかが考えられると、より深く理解できるようになるので、少しづつ取り組んでいきましょう。

日高

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中