2014/12/03/13:00 ウツノミヤさん

アコギ

3月9日 (レミオロメン)

アルペジオは右手、左手ともストローク以上に綺麗に鳴らす必要があります。右手はまずはコードのルートから右手を見ずに各弦を弾ける様になりましょう。左手は省略した形でコードを押さえられると滑らかになります。自分の出している音を良くきいて、特にアルペジオの最後の音が短くならないように練習して下さい。

日高

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中