2014/10/29 11:00 マキさん

アコギ

To Mother (YUI)

コードの確認とストロークのパターン、どこでアルペジオを入れるかなどを決めていきました。コードはBaug以外はあまり難しくないです。onコードはベースの流れを意識して下さい。コードが変化する所は、元のコードをどれだけしっかり認識しているかが大事です。AmとAm7/Gがしっかり関連付けられているようにしましょう。アルペジオはまだそれほど難しいパターンではないですが、アタマのCの1弦3フレットは音が切れてしまいやすいのでしっかり気をつけてフレットの側を押さえて下さい。

日高

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中