2014/01/31 19:00 コウタケさん

エレキ

①アルペジオ ②by the way (レッチリ)

①ゆっくり味わうと弦の位置を身体が覚えます。いったん覚えてしまうと、スピードを上げても楽に弾ける様になります。生方式だと、基本的にオルタネイトで1〜6弦までストレートに弾きます。上達したら、TIME(B’z)なども解説します。左手はコードフォームでなく、ミュートにして右手だけ練習すると短時間で上手くなります。ただ、音がしないと楽しくないので、このトレーニングは1分単位で十分です。②スピードのあるブラッシングは手首よりも肘を使うと弦がひっかかりません。ピックは柔らかく持つと軽やかな音が出せます。

太田黒

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中