2013/12/28 19:00 ウメノさん

エレキ

①AINT  TALKIN BOUT LOVE (VAN HALEN) ②FUNK DORIAN

①高音弦のブリッジミュート、大きく弦移動するアルペジオと難易度が高いです。左手も難しいのでかなり実力が磨かれます。ブラッシングは左手で軽く弦に触れます。開放の音が残ってしまう場合は右手のミュートも使います。②ピッキングは少し軽めにして5、6弦にはあまりピックを当てない感じで弾きましょう。高音弦中心の抜けの良い軽やかな音をイメージするとスピードも出やすくなります。次回は身体に自然にパターンを馴染ませる方法を解説します。

太田黒

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中